メディア個別 肉も野菜も!魚焼きグリルは時短でおいしく仕上がる優秀調理器具だった | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
魚焼きグリル 

肉も野菜も!魚焼きグリルは時短でおいしく仕上がる優秀調理器具だった
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

一度魚を焼くと、掃除が面倒くさい。そういった手間のわずらわしさから、魚焼きグリルをなかなか使いたくない、使わないようにしているというママも少なくありませんが、ちょっともったいないかも…。

魚焼きグリルは短時間で高温になる優秀調理器具

家庭にある調理器具のなかでも、魚焼きグリルは短時間で高温調理できる優秀選手。『北海道ガス』公式ウェブサイトによると、魚焼きグリルの庫内温度は300~400度と超高温!

あっつあつに熱したフライパンでも、その温度は200~250度程度なので、魚焼きグリルがいかに高温なのかが良くわかります。ちなみに、グリルとオーブンの違いは「対流熱」。天面からの直火による放射熱に加えて、庫内に対流する熱を側面や底面からも受けることができるため、すぐに高温になるのが特徴。上手に使えば、短時間で食材にしっかりと熱を通すことができるというわけ。

魚焼きグリルといいつつ実は肉も野菜もおススメ

では、魚焼きグリルの便利な活用法は? あれこれ調べてみると、実は肉焼きにも最適なのだそうです。

魚焼きグリルで肉を焼くと、肉の余分な脂は下に落ち、ヘルシーに。しかも、高温で一気に焼きあがるから、旨みを逃すことなくジューシーに仕上げられるとのこと。

また、野菜を焼くことにもメリットが! 特に、水溶性ビタミンを豊富に含む野菜の場合、ビタミンの溶出を防ぎ、栄養価が高いままいただくことができるというわけ。

それら以外には、有名なものとしてはパンや焼き芋、パイなど、スイーツにもピッタリ! 掃除はちょっと面倒ですが、おいしく仕上がる魚焼きグリル。活用してみませんか?
(文・団子坂ゆみ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP