メディア個別 お内裏様は左?右? 実は地域差があった ひな人形の飾り方 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
おひなさま 

お内裏様は左?右? 実は地域差があった ひな人形の飾り方
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

友人のママ友がFacebookにアップしたお雛様の画像を見て、なんだか違和感。「お内裏様が、右側にいる!?」

ひょっとして置き方を間違っているのかしら…と思って調べてみたら、どうやらそうではなく地域差の問題。お内裏様が右側という置き方は、関西に多いみたい。

京都を中心に関西の一部地方ではお内裏様が右

お人形の吉徳大光ウェブサイトには、“雛人形や雛道具には、一応標準的な飾り方・並べ方があります。雛段飾りを購入した店で聞いたとおりの飾り方をしていても、親戚などから「雛人形の並べ方が違う」と言われてしまうことがあります。それはなぜかというと、地域や時代によって「標準」が違っているからです。”とある。

日本には古くから、左方上位という、左側の方が位が高いという考えがあり、これは神社の手水で手を洗う時に左から手を清めることなど、現代の私たちの暮らしのなかにも自然と溶け込んで残っている。

雛人形は平安時代の貴族たち。平安時代の貴族は、お妃様の向かって左側に位の高い帝が座る、つまり、正面から見ると、帝であるお内裏様が右側になる。京都を中心とする関西の地域では、このしきたりが今も残っているんですね。

関東ではお内裏様が左 でもどうしてこうなった?

じゃあ、どうして関東はお内裏様が左になったの? 実はこれ、西洋式のルールにのっとった結果。

明治時代の終わりごろ、西洋文化が日本にも入り、天皇が皇后の右側、つまり向かって左側に立つようになると、そのルールに合わせて雛人形の配置も変化したということ。1928年に昭和天皇が即位の礼を行った際、西洋の方式に倣って、これまでの左右と逆転して位置したことがきっかけとなって、ひな人形メーカーが左右を逆に配置して作り始めたというわけ。

そうした時代にあっても、伝統を重んじる京都では、潮流に乗ることなく、昔からの雛段を作り続けてた。これが、今日までいたり、地域によって置き方が異なる理由ということ。

ひとつ疑問が解決して、なんだかスッキリ! あなたの家のお雛様は、どちらに座っていますか?
(文・団子坂ゆみ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP