メディア個別 【アレンジ】うま味たっぷり!「お茶漬けの素」が超優秀 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【アレンジ】うま味たっぷり!「お茶漬けの素」が超優秀
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

ちょっと小腹が空いたときや体調が優れないときなど、お湯を注ぐだけで作れて、しかもおいしいお茶漬けの素はあると便利なもののひとつ。また、梅やたらこ、わさびなど色んな味があるのもうれしいポイントです。そんなお茶漬けの素は、パスタの味付けに使われるなど、アレンジ方法も話題になりますが、今回は、パスタ以外のアレンジ法を紹介します。

釜玉そうめん

ゆでたうどんに卵としょうゆを加え、混ぜて食べる釜玉うどん。うどんの代わりにそうめんを使ったレシピです。

【材料】
・そうめん…1束
・お茶漬けの素…1袋
・卵…1個

【作り方】
1)そうめんを表示通りにゆでる
2)1をざるにあけ、冷水でしめる
3)そうめんをどんぶりに入れ、お茶漬けの素と生卵を入れたら完成

お茶漬けの素を入れる量を調整すれば、味の濃さも変えられるので、お好みで召し上がってください。また、オリーブオイルやごま油を少し垂らすと、味の雰囲気が変わって◎。

生卵のままだと抵抗があるという人は、そうめんをゆでた後、冷水にさらす(2)の作業を飛ばして、予熱で温めてください。
【アレンジ】うま味たっぷり!「お茶漬けの素」が超優秀
 

お茶漬けの素があればドレッシングいらず!?

栄養のバランスを考え、サラダを食べるようにしているという人は多いもの。「ドレッシングがない」「違う味付けで食べたい」というときは、お茶漬けの素の出番です。

【材料】
・お茶漬けの素…適量
・野菜…適量

【作り方】
1)野菜を洗って器に盛り、お茶漬けの素をかければ完成

かけるだけで一品になるから、忙しいママにもおすすめ。きゅうりや大根なら漬物風にもできるので、色んなパターンで楽しめます。

お茶漬けの素の梅味やわさび味を使えば、簡単おつまみにもなりますよ。

お茶漬けの素リゾット

お茶漬けはどうしても和風なイメージがありますが、洋風の料理とも相性は抜群。パスタもその一例ですよね。ほかに、リゾットにして食べるレシピもあるんです。

【材料】
・ごはん…1膳分
・お茶漬けの素…1/2袋
・牛乳…60cc

【作り方】
1)どんぶりにごはんと牛乳を入れ、500Wの電子レンジで2分ほど加熱する
2)1にお茶漬けの素を振りかけて完成

どちらかというと、「ミルク粥」のようなやさしい味わいなので、もっとリゾット感がほしい人は、とろけるチーズをかけるとよさそうです。

天ぷらを作るときの裏技にも

天ぷらは、塩をかけたり、だしやポン酢につけたり、様々な食べ方がありますが、お茶漬けの素を使う人も。

これは、「レシピ」というよりも「裏技」ですが、天ぷらを揚げる前、衣にお茶漬けの素を入れてから具材に絡ませて揚げると、抹茶塩をつけて食べているような感覚になるのだとか。

お茶漬け自体がシンプルな食べ物だから、お茶漬けの素は様々な料理との相性がよく、使い勝手も抜群。和風にも洋風にも合うので、ぜひ色んな料理で試してみて!
(文・三軒茶屋すみ子/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP