メディア個別 ジュリエット・ビノシュ、チューリッヒ映画祭で特別賞受賞へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ジュリエット・ビノシュ、チューリッヒ映画祭で特別賞受賞へ

第1737回 海外スターの最新ニュース

ジュリエット・ビノシュ(56)が、今年のチューリッヒ映画祭でゴールデン・アイコン賞を受賞する。1996年作『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー助演女優賞の受賞経験もあるジュリエットは、今年スイスで開催される同映画祭でこの栄誉にあずかる。

また今年の同映画祭では、自身の最新作『La Bonne Epouse』も出品するジュリエットは、「今年チューリッヒ映画祭に出席できることを非常に嬉しく思っています。世界、そして映画にとってとても特別なところですから」「チューリッヒ映画祭が存在し、映画や、映画を通して観客に伝えられる様々な国の文化を守っていることは素晴らしいことです」「ゴールデン・アイコン賞の栄誉にあずかることにとても感激していますが、何よりもこれは数々の映画、そしてそれを作った監督の方々が私を通して称賛されるということです」と喜びを語った。

これまでのゴールデン・アイコン賞受賞者には、ケイト・ブランシェットやグレン・クローズ、マイケル・ダクラス、リチャード・ギア、ショーン・ペンなどが名を連ねている。

チューリッヒ映画祭は、来月24日から10月4日まで開催され、10月1日にはジュリエットが映画業界におけるキャリアを語る「マスターズ・セッション」も予定されている。

ピックアップ

アシュレイ・ティスデイルが第1子妊娠を発表
新作『ザ・バットマン』の撮影が再開
ハリー・ポッターの肖像、ロンドンのレスター・スクエアに登場
ハル・ベリー、ミュージシャンとの交際を認める!?