メディア個別 年間236時間!? 食器洗いのストレスを軽減する方法 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

年間236時間!? 食器洗いのストレスを軽減する方法
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

掃除や洗濯、食事の準備など、毎日の家事はやることが盛りだくさん。なかでも、筆者が特に面倒だと感じるのは、「食器洗い」です。手荒れがひどく、水仕事が好きではないというのもあるのですが、何よりも面倒! きっと同じように感じている女性は、少なくないのでは?

年間236時間も食器洗いをしている

2015年7月にパナソニック株式会社が発表した「食器洗いに費やす時間とその価値」がテーマのアンケート調査(対象20~50代の女性70名)では、食器洗い1回あたりに費やす時間の平均は19.4分。

1日2回以上は食器洗いをすると仮定すると、1年間で14162分=約236時間もの時間を食器洗いに使っている計算になるのです。

こうしてあらためて数字で見ると、「面倒を減らす」という観点でも、「時短」という観点でも、とにかく食器洗いの時間を減らしたいと思いますよね。

そこで、少しでも負担を減らすため、そのテクニックを調べました。

テクニック1●調理器具を減らす

このテクニックは、調理器具や食器の数を減らすということではありません。料理を作るとき、包丁、まな板、ボウルなど、様々な器具を使いますが、その使う数を減らすということ。

たとえば、飲み終わった牛乳パックを広げてまな板代わりにする、下味をつけるときなどはボウルを使わずに食品パックをそのまま使うといったことでも、使用する調理器具の数を減らすことができます。

テクニック2●食器を減らす

食器は人数分用意するのではなく、ワンプレートにするのも◎。子どもが大きくなると食べる量も増えるので少し面倒かもしれませんが、まだ子どもが小さいうちなら問題なさそう。

また「○○丼」といったように、丼ぶりものにするのもおすすめ。食事のボリュームはそのままで、洗い物を減らすにはピッタリのテクニックです。

テクニック3●保存容器を使わない

常備菜などの作り置きや残ったおかずなど、保存容器に移し替えてから冷蔵庫に入れる人が多いと思いますが、鍋や器ごと冷蔵庫に入れるというのもひとつの手。

おらかじめ耐熱用の器にしておけば、そのまま加熱もできるので、次に食べるときの手間も省けますよ。

食器洗いの負担を減らしたいと思っても、食洗器はすぐに買えるものでもないし、ごはんを作らないわけにもいかない。そんなときは、まずは自分でできることから始めてみてください。
(文・三軒茶屋すみ子/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP