メディア個別 スーパーの安いステーキ肉をおいしく焼き上げるコツを調べてみた | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

スーパーの安いステーキ肉をおいしく焼き上げるコツを調べてみた
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

スーパーに夕飯の食材を買い出しに行ったら、ちょっとお安めのステーキ肉を発見! そこで、「今晩はステーキかしら?」なんて悩んだりもしますが、安い肉はあまりおいしくないイメージが…。でも、工夫次第ではおいしく焼けそう。世の肉好きさんたちが、どのようにステーキ肉を焼いているのか調べてみました。

焼く前に肉を常温に戻す

まずは多くの人に共通していて、もっとも重要かもしれないことが、「焼く前のステーキ肉を常温に戻す」こと。冷蔵庫で保管していた肉をそのままフライパンで焼いてしまうと、肉の中まで火が通るのに時間がかかってしまう。結果、焼き時間が長くなり、肉の表面は火が通り過ぎて固くなってしまうといわれています。

ステーキ肉の厚みにもよりますが、焼き始める30分~2時間前には冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておきましょう。ちなみに、肉を温めるという観点では、肉をジッパー付きポリ袋に入れて、焼く前に湯せんする方法もあります。
スーパーの安いステーキ肉をおいしく焼き上げるコツを調べてみた
 

塩を振るタイミングや火加減は難しいところ…

ご存じの人も多いかもしれませんが、ステーキ肉をおいしく焼くための方法は、一概に「これが正解!」とは言いづらいもの。というのも、例えば、塩を振るタイミングひとつとっても、「焼く直前」、「焼く30分前」、「焼いたあと」と、意見がバラけるからです。火加減に関しても「弱火でじっくり」、「強火で数十秒」など、正直なところ“好み”も関係していそう。とはいえ、一例をあげるならば、以下のような焼き方があります。

1)ステーキ肉を常温に戻す
2)ステーキ肉の片面に塩コショウを振る
3)フライパンから煙が出るくらい熱する
4)ステーキ肉を強火で片面1分ずつ焼いたら完成

焼き時間は肉の厚みにより異なりますが、常温に戻しているので、レアやミディアムレアがお好みなら、そこまで長い時間焼き上げる必要はありません。

余談ですが、固い肉を柔らかくするためには、パイナップルやタマネギに漬け込むといいといわれているので、試してみるとよいかもしれません。

ステーキ肉の焼き方にこだわりを持つ人は多く、焼き方も多種多様。いろんな人のレシピを参考にして、「これだ!」というものを見つけてみてはいかがでしょうか?
(文・山手チカコ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP