メディア個別 【育児の不安】まわりの子と自分の子を比べてしまいそうなとき | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【育児の不安】まわりの子と自分の子を比べてしまいそうなとき 

【育児の不安】まわりの子と自分の子を比べてしまいそうなとき
~ベビーカレンダー~

子育てや育児の悩みがあるというママも多いですよね。日本コミュニケーション育児協会の珠里さんがその理由と解決方法を教えてくれました。育児の悩みの始まりは、実は周りと比べてしまっていることが原因のことが多いようです。まわりの子どもと自分の子どもを比べてしまいそうになったら、お子さんや自分、そして家族としあわせになるために子育てをしている”ということを思い出してくださいね。

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。子育てをしていると悩みは尽きないものですよね。では、なぜ私たちは気になり、心配し、不安になり、悩むのでしょう。今回は「なぜ、育児に悩んでしまうのか?」ということについてお伝えいたしますね。

悩みのもとは比較から始まる?

「なぜ、育児に悩んでしまうのか?」そのひとつは、“周りと比べる(比較する)”ことから始まると私は考えています。「みんなの子どもはできているのに」「みんなの子どもは言うことをきくのに」というように周りと比べて、「どうしてこの子だけできないの?」「どうしてわからないの?」「どうして私だけ……」と、気持ちが落ち込んではいませんか?そして、悩んではいませんか?

家族と幸せになるために子育てをしている

そう、悩みたくないなら、周りと比べなければいいのですよね。「でもやっぱり、周りが気になって……」というママは少なくはないと思います。


ですが、もう一度よく考えてみてください。子育ては誰のためにしているのでしょう。周りの人たちのために、あなたは子育てをしているのでしょうか?違いますよね。お子さんやご自身、そしてご家族と幸せになるために子育てをしているのですよね。

周りと比べる=周りの目を気にする

“周りと比べる”ということは、実は“周りの目を気にする”ということかもしれません。「ちゃんとやらせなきゃ」「ちゃんとさせなきゃ」「ちゃんとしなきゃ」とお子さんと接し、できないと「どうして……」と落ち込み、悩んでしまう。


周りの目を気にしてお子さんやご自身を“できている”“できていない”と判断しながらの子育てってつらいものになってしまいますよね。ぜひ、“できている”“できていない”と判断するだけでなく、目の前のお子さんの成長を楽しんでくださいね。


子育てに悩んで気持ちが押しつぶされそうになったとき。お子さんやご自身、そしてご家族と“幸せになるために子育てをしている”。このことをぜひ思い出してくださいね。

著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里祐子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP