メディア個別 パパとしての自覚を持ってもらうために!妊娠中に私が実践したこと | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
パパとしての自覚を持ってもらうために!妊娠中に私が実践したこと 

パパとしての自覚を持ってもらうために!妊娠中に私が実践したこと
~ベビーカレンダー~

週数ごとの赤ちゃんの情報を見せることで、おなかの赤ちゃんがどれくらい成長しているかわかり、パパもイメージが湧きやすくなったようです。また、健診についてきてもらって実際にエコーを見ることで、エコー写真を見るだけとは違う感動をパパも味わうことができます。毎日おなかを触って話しかけてもらい、胎動を感じることで、パパとしての自覚を持ってもらえるようにしました。

妊娠がわかった直後から、ママはママとしての自覚が持てますが、パパはなかなかパパとしての自覚が持てない人が多いのではないでしょうか? わが家のパパも、子どもが生まれる自覚がなかなか持てないタイプでした。今回は、私がパパに自覚を持ってもらうために実践したことを紹介します。

週数ごとのおなかの赤ちゃんの情報を共有する

まず私がしたことは、妊娠アプリなどで見ることができる、週数ごとの赤ちゃんの様子をその都度パパにも見てもらうことでした。


おなかの中の赤ちゃんの様子を見てもらうことで、赤ちゃんがどのくらい成長しているのか、その目安がわかり、「今はこんなところが育っているんだ」「もう声が聞こえるんだ」など、赤ちゃんの様子を夫婦で共有することができました。


パパも赤ちゃんの成長を楽しみにしていたようで、エコー写真と見比べながら、週数ごとの赤ちゃんの様子を観察するようになってくれましたよ!

妊婦健診についてきてエコーを見る

産院にいるのは女性がほとんどなので、わが家のパパも最初は遠慮がちでした。それでも仕事がないときにお願いして、妊婦健診についてきてもらいました。健診ごとにエコー写真を見せてはいましたが、写真を見るのと実際のエコーを見るのとでは、パパ自身も感動が違うと言っていました。


また、産院や保健センターなどでおこなっている「両親学級」に参加することで、パパになる自覚がさらにアップすると思います。

毎日おなかを触って話しかけてもらう

おなかが少し出てきてからは、毎日私のおなかに手を当てて、パパにも赤ちゃんに話しかけてもらうようにしました。話しかけることは「おはよう」「おやすみ」など、かんたんなものでOK。必ず毎日一度は、赤ちゃんに話しかけてもらうようにしてもらいました。


パパが忘れているときは、「今日はパパがお話してくれないな」と、赤ちゃんの気持ちを代弁するように伝えると、快く話しかけてくれましたよ。タイミングがよければ胎動を感じることもできるのでおすすめです。


妊娠してから、ママはいつも赤ちゃんのことを考えているのに、パパは赤ちゃんに関心が薄いと感じてしまうとちょっと悲しいですよね。ママである自分のためにも、少しでもパパとしての自覚を持ってもらうように、パパとのコミュニケーションを工夫したいですね。(TEXT:ママライター田中麻奈)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP