メディア個別 川上未映子さんの「こんなときには、これを読むのよ!」 Vol.3 | 気になる“あの人”のインタビュー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
川上未映子さんの「こんなときには、これを読むのよ!」 

川上未映子さんの「こんなときには、これを読むのよ!」 Vol.3
~気になる“あの人”のインタビュー~

芥川賞や中原中也賞など数々の賞を受賞した川上未映子さんが、独特な世界観のテーマで「こんなときに読みたい本」を推薦します!どんなテーマで、どんな本が登場するのか、新たな本との出会いをお楽しみください!


≪今回のおススメPOINT!≫

音楽はすごく好きだけど、最近あんまり聴けてない。そういえば音楽って言葉じゃどんなふうに鳴るんだっけ? 音楽を目で聞きたい味わいたいってなときに読みたい本!
 
音楽が印象的な物語は数えきれないほどあるけれど、まるで自分もそこにいてその音楽を聴いたことがあったんじゃないかなーっていうような、「体感が残る」読書が、ときどきあります。

『ならずものがやってくる』は、少しずつ関係している人物ひとりひとりを中心にした連載短編集。みんな過去現在、音楽と何かしらかかわりを持って、それぞれに満身創痍の人生を生きている。とくにわたしが好きだったのは、バンドをやってる少年少女が出てくる章。目のまわりを黒く縁取った女の子たち、パンクミュージックをやってなんとか世に出ようとしてるんだけど、なかなかうまくいかないよね。性とかあるしさ。大人は厭なものだしさ。でも時間は待ってくれないしさ。ライブシーンは、彼らが鳴らしてる音楽と喧騒のなかに立ち尽くしてるような気持ちになった。十代の少女として。

ならずものがやってくる

ならずものがやってくる

ジェニファー・イーガン(著)
出版社:早川書房
ノルウェイの森

ノルウェイの森

村上春樹
出版社:講談社
六本指のゴルトベルク

六本指のゴルトベルク

青柳いづみこ(著)
出版社:新潮社
 

プロフィール

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP