メディア個別 「まいったなぁ~、風邪ひいたかも…」そんなときはコレ食べよう! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
「まいったなぁ~、風邪ひいたかも…」そんなときはコレ食べよう! 

「まいったなぁ~、風邪ひいたかも…」そんなときはコレ食べよう!
~ベビーカレンダー~

手洗い・うがい、外出時にはマスク着用と気を付けていても、気が付いたら風邪をひいてしまっていたことってありますよね。 そんなときには今回ご紹介する「味噌スープ」「葉酸たっぷりほうれん草スープ」「かぶと油揚げの胡麻味噌汁」「溶き卵ミネストローネ」「トン玉中華スープ」の5つのスープはいかがですか?栄養たっぷりで温かいスープを食べてぐっすり寝て、早く元気になってくださいね。

手洗い・うがい、外出時にはマスク着用と気を付けていても、気が付いたら風邪をひいてしまっていたことってありますよね。とくに妊婦さんは、かんたんには薬を飲めないので困ってしまいます。風邪をひいたかもと思ったら、ひどくなってしまう前に、かんたんに作れる和・洋・中のスープで温まりましょう!

味噌スープ

材料(2人前)

・水……300g

・煮干し粉……大さじ1(6g)

・パプリカ……40g

・玉ねぎ……60g

・エリンギ……50g

・いんげん……10g

・ちくわ……50cc

・うずらの卵(水煮)……2つ(18g)

・プチトマト……2つ

・味噌……10g

作り方

①鍋に水を入れ、火にかけて、煮干し粉でだし汁をつくる

②パプリカ、玉ねぎ、エリンギ、いんげんは食べやすい大きさに切る

③ちくわは厚めの輪切りに

④鍋に切った材料を入れて火を通す

⑤後から、うずら、プチトマトを入れ、味噌を溶く

作者:NPO法人母子栄養懇話会さん

葉酸たっぷりほうれん草スープ

材料(2名分)

・ほうれん草……150g

・トマト……40g

・しいたけ……40g

・中華スープの素……8g

・塩、胡椒……少々

・水……300ml

作り方

①鍋に水と中華スープを入れスープを作る

②ほうれん草とトマトとしいたけを食べやすい大きさにカットする

③スープが沸いたら、②を入れる

④野菜に火が通ったら、塩と胡麻で味をととのえる

作者:NPO法人母子栄養懇話会さん

葉酸補給に!野菜の旨味で味付けもシンプルに。スープなら水溶性ビタミンもあますことなくいただけます!


かぶと油揚げの胡麻味噌汁

材料(1人分)

・和風だしの素(塩分不使用)……小さじ1/2(1.5g)

・水……1カップ(200ml)

・かぶ ……実1/2個(70g)、葉1/2個分(25g)

※かぶ以外には大根(葉付き)や小松菜、ほうれん草もおすすめ

・味噌……小さじ2(12g)

・白すり胡麻……小さじ1(4g)

作り方

①鍋に和風だし・水を入れて煮立たせる

②かぶは実は皮つきのまま5mmの厚さの半月切り、葉と茎は4cmの長さに切る

③ ①に②と5mm幅に切った油揚げを加えて、ひと煮立ちさせて味噌で味付けする

④ ③にすり胡麻をたっぷりと加えて器に盛る

※胡麻の香ばしい風味で味噌の使用量を減らします

※かぶの根は煮崩れしやすいので加熱時はご注意ください

作者:ベビーカレンダーさん

かぶの葉にはビタミン・カルシウム・カリウムがいっぱい!かぶを丸ごといただける胡麻の風味濃厚な味噌汁です♪


溶き卵ミネストローネ

材料(1人前)

・ソーセージ……30g(2本)

・パプリカ(黄)……10g

・玉ねぎ……30g

・にんじん……20g

・グリンピース(冷凍)……5g

・エリンギ……10g

・トマトジュース……200ml

・おろしニンニク……1g

・コンソメ……0.5g

・卵……50g(1つ)

作り方

①ソーセージは5mm幅程度に輪切りにする

②パプリカ、玉ねぎ、にんじん、エリンギは5mm程度の角切りにする

③グリンピースはさっと茹でる

④鍋に①と②を入れてさっと炒め、トマトジュース、おろしニンニク、コンソメを加えて野菜に火が通るまで弱火〜中火で煮る

⑤器に盛り、3を彩りに添える

※野菜とお肉(ソーセージ)をバランスよくとることができます。「納豆トースト」との朝食セットがおすすめ!

作者:PO法人母子栄養懇話会さん

トン玉中華スープ

材料(1食分)

・豚切り落とし……60g

・卵……1個

・白菜……30g

・にんじん……20g

・コーン(粒缶)……10g

・水……100ml

・牛乳……150ml

・鶏ガラの素……2g

作り方

①豚肉、白菜、にんじんを千切りにする

②豚肉とにんじんをいため、水を加え加熱。アクをとり、沸騰したら白菜を加える

③全体に火が通ったら、鶏ガラの素と牛乳とコーンを入れて加熱

④最後に溶き卵を流し入れ、沸騰直前で火をとめる

※牛乳のかわりに、豆乳でも代用できます。そのときはいちばん最後に豆乳を加え、沸騰しないように注意してください

作者:NPO法人母子栄養懇話会さん

~風邪対策~
中華スープに一工夫でおいしさと栄養価アップ!ビタミンB群は補酵素としても重要な役割があります♪


あったかスープで風邪を撃退!

かんたんに作れるスープなら風邪気味で食欲がないときでも食べやすいですよね。風邪をひいても、かんたんに薬を飲めない妊婦さんは、栄養たっぷりの温かいスープを食べてぐっすり寝て、早く元気になってくださいね。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP