メディア個別 【カビじゃない!】使いかけの大根の切り口が黒くなる水晶現象って? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
大根 

【カビじゃない!】使いかけの大根の切り口が黒くなる水晶現象って?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

買ってきたばかりの大根を、包丁で真ん中からすぱっと切ったら、なんとなかが黒くなっていた! そんな経験をしたことのある人も多いのでは? 実は大根の黒ずみは、水晶現象というそう。水晶現象とはなんなのでしょう?

●水晶現象って何?食べてもいいの?

水晶現象は、本来冬が旬である大根が、春から夏にかけての温かい時期に、水分が多くなりすぎて変色してしまう現象のこと。水晶現象が起きてしまった大根は、風味や食感がだいぶ落ちてしまうため、生食にはあまり向かないようです。ただし、煮物など加熱調理をする場合には、水晶現象を起こしていない大根とほとんど変わらず食べられるとのこと。

また、似たような現象として、買ってきて時間のたった大根にスが入り、それがだんだん青くなってくる「青あざ病」と呼ばれる現象もあるそう。この場合、大根自体が痛み始めている証拠なので、触ってみてぱさぱさしたり、ぶよぶよしているときには食べるのは控えましょう。

●水晶現象を防ぐ保存方法

水晶現象を防ぐには、常に低温で保存すること。夏場に常温で置いておいたり、冷蔵と常温の移動を繰り返すなどすると、水晶現象が起こりやすくなるんだとか。春から夏にかけて大根を買ってきたら、半分など、一回で使い切れる量に切り、切り口にラップをしたり、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう。

また、大根は冷凍保存もできます。葉は1〜2日でしなびてしまうので、早めにゆでて冷凍し、大根も輪切りにして平らに並べてフリーザーバッグなどに入れて冷凍しましょう。平らに並べることで、早く均一に解凍できるようになります。

加熱調理をすれば特に食べることは問題ない、大根の水晶現象による黒ずみ。でも見た目に良くないですし、大根おろしやサラダなど、生で使いたいときに黒ずんでいた…なんてことが無いよう、特に春から夏にかけての大根の保存方法には気を配り、真っ白でみずみずしい大根をいつでも食べられるようにしたいですね。
(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP