メディア個別 【見て見て攻撃】「子どもの遊びに付き合うのがつらい」ママたちの本音 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【見て見て攻撃】「子どもの遊びに付き合うのがつらい」ママたちの本音
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

自分の子どもなら可愛いし、楽しんで遊べる。そう思いきや、子どもが生まれいざ遊びに付き合ってみて違和感。子どもと一緒に遊ぶのがつらいと感じるママも少なくないようで、ネットの匿名掲示板には、そうしたママたちの相談が投稿されています。

相談者は、お父さんが大好きな2人の男の子のママだという30代の女性。ある日、子どもがお父さんに「ちっとも遊んでくれない」とぼやいているのを耳にします。

実際、子どもの遊びに付き合うのがとてもつらいのと相談者ママ。毎日同じようなことを繰り返し、リアクションを求めてくる我が子の姿を見て、くだらないと感じてしまうのだそうです。我が子は大好きで愛情はあるものの、我が子の遊ぶ姿をくだらないと冷静に見てしまう。自分の姿に悩んでいるといいます。
友だちに噛みつく、たたく子ども
 
こういった子どもの「見て見て攻撃」に疲れを感じたことがあるママは多いのか、相談には、

“私だけじゃなかったんだ!!”
“私も大げさにほめたりいつも子供と遊んであげたりっていうのは無理でした(汗)”
“しつこすぎて心に余裕がないときはイライラしますよね”

といった声もたくさん。そういった「見て見て」こそが子どもらしいという意見もありながらも、おおむね今回の相談者の意見に共感する意見が多く集まっています。

忙しくて自分の時間が持てず、心に余裕がないときは、子どもの「見て見て」もよりつらく感じがち。うんざりしたりイライラしてしまったら、少しひと呼吸。育児をしながら自由な時間を捻出するのは難しいものですが、リラックスできる時間を自分にプレゼントしましょう。
(文・団子坂ゆみ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP