メディア個別 生まれてから卒業までこれ1台!ベビーカー選びのポイント3 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
生まれてから卒業までこれ1台!ベビーカー選びのポイント3 

生まれてから卒業までこれ1台!ベビーカー選びのポイント3
~ベビーカレンダー~

ブランドもの、揺れを最小限に抑えたしっかりした大きな作りのもの、とにかく軽いもの……。さまざまなベビーカーが売られていて、どのベビーカーを買っていいか迷ってしまいますよね。とくに、車移動ではなく、主に電車やバス、徒歩で赤ちゃんを連れてお出かけすることが多いママにとっては、赤ちゃんが生まれてからベビーカーを卒業するまでの約4年間、ベビーカーは大活躍します。そんな公共交通機関の利用や徒歩が多いママにおすすめしたい、卒業するまで1台でOK!なベビーカー選びのポイントを紹介いたします。

ブランドもの、揺れを最小限に抑えたしっかりした大きな作りのもの、とにかく軽いもの……。さまざまなベビーカーが売られていて、どのベビーカーを買っていいか迷ってしまいますよね。


とくに、車移動ではなく、主に電車やバス、徒歩で赤ちゃんを連れてお出かけすることが多いママにとっては、赤ちゃんが生まれてからベビーカーを卒業するまでの約4年間、ベビーカーは大活躍します。そんな、公共交通機関の利用や徒歩が多いママにおすすめしたい、卒業するまで1台でOK!なベビーカー選びのポイントを紹介いたします。

A型ベビーカーを選びましょう

水平にもなるタイプのA型か、それとも軽くて小さめのものが多いけれど水平にならないタイプのB型か迷ったら、ここは迷わずA型を選びましょう。生まれたばかりの赤ちゃんは、自身で座れないことはもちろん、首もすわっていません。赤ちゃんをベビーカーに乗せてお出かけしようと思うなら、ベビーカーが水平になることは絶対条件です。

なるべく軽いものを!

揺れが少ないものを選ぼうとすると、安定感が必要なので、どんどん重くなってきます。やはり、生まれたばかりの赤ちゃんにはなるべく振動がないものを選びたいもの。


ただ、6kgを超えるベビーカーだと、子どもが大きくなってきたときに、子ども、荷物、ベビーカーを持つのが非常につらくなってきます。とくに、お家にエレベーターがなく、階段を上らなければならない上階に住むママや自宅の最寄り駅にエレベーター・エスカレーターがないのであれば4kg以下がベターです。

かんたんに小さくたためるものを!

バスや電車の中で荷物を持ちながら、赤ちゃんも抱っこしてベビーカーも持つということが、かえって危険だという風潮がじょじょに広がってきて、ベビーカーをたたまずにバスや電車に乗る機会も多くなってきました。


でも、混んでいる交通機関内で自分が座れた場合などは、やはりベビーカーはたたみたいもの。その際、荷物と赤ちゃんを持って、ベビーカーをたたむのは結構大変です。サッとたためて、なるべく小さくなるベビーカーを選びましょう。


いかがでしたか?公共交通機関の利用や徒歩が多いママはぜひベビーカー選びの参考にしてくださいね。ベビーカーの対応年齢は約3歳まで。対応重量は15kgまでのものが多いですが、ちょっと遠出のお出かけだと、子どもが疲れて眠ってしまうことも多く、対応重量以内であれば4歳ちょっと過ぎまで大活躍するベビーカー。長く使えるものなので、デザインも含め、後悔しないよう楽しみながらじっくり選んでくださいね。(TEXT:ヒロコ ラメッシェ)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP