メディア個別 つっぱり棒とS字フックで、お片付け | 100円アイテムでお片付け上手! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
100円アイテムでお片付け上手! 

つっぱり棒とS字フックで、お片付け
~100円アイテムでお片付け上手!~

年末の一大イベント「大掃除」。でも、その前に立ちはだかるのが、「お片付け」の問題。普段からきれいにしておけば…などと嘆いても、時すでに遅し。特に子ども部屋まで片付けるとなると、ママの負担は相当なものに。では、どうすれば普段から部屋をきれいにしておけるのか? そんなママたちの悩みを解決するべく、収納王子コジマジックさんが100円グッズを使って、お片付け上手なる方法を伝授します。

●「つっぱり棒」×「洗濯ネット」で、こまごました物を収納

つっぱり棒と洗濯ネットを使って
 
パズルボードなどの細かい物は、収納場所に困ることも。細かい物をひとまとめにするときに役に立つのが、洗濯ネット。そこにパズルボードを入れて収納すれば、ピースがなくなることを防げます。
また、物を入れたカラーボックスの上部はスペースが空きがち。まず、棚上につっぱり棒2本を取り付けて、先ほどの洗濯ネットに入れたパズルボードを乗せれば、デットスペースの有効活用にもなります。

★コジマジックのここがポイント!
「放り込むだけの収納を目指せば、片付けが苦にならず、物の紛失も防げますよ」

●「S字フック」×「カラーチェーン」×「つっぱり棒」で子どもの洋服かけ

S字フック、カラーチェーン、つっぱり棒を使って
 
クローゼットのなかは見えないこともあり、ゴチャゴチャになりやすい場所。子ども服をかけるとムダなスペースもできてしまうのも悩みの種に。そこで活用したいのが、「S字フック」「カラーチェーン」「つっぱり棒」の3アイテム。
まず、S字フックをポールにかけて、カラーチェーンを引っかける。それを2つ用意し、カラーチェーンにつっぱり棒を渡す。そこに洋服をかけ、上部のポールにはS字フックをかけて帽子をつるせば、上下の空きをムダにせず収納力もアップ!

★コジマジックのここがポイント!
「少し低い位置にハンガーをかけられるので、子どもにも取り出しやすくなるので、お片付けが苦に感じなくなります」

●「つっぱり棒」をカラボに載せてハンギング収納

つっぱり棒をカラボに載せて
 
おもちゃの収納スペースが確保されていなかったり、子ども部屋に洋服をハンガーでつるしておける場所がなかったりと、どうやって片付けたらいいのか困るときも。子どもの成長を考えて、家具にお金をかけたくないときなどは、カラーボックス&100円グッズがおすすめ。
カラーボックスの高さが必要なときは、A4型2段と3段カラーボックスを上下に重ね、強力両面テープで固定。つっぱり棒を天板に載せるように渡し、固定すれば、収納スペースもハンギング収納も確保できます。

★コジマジックのここがポイント!
「出番の多い衣類をハンギング収納すれば、洗濯のたびに畳んでしまう手間も省けます!」

●収納の基本!コジマジック流、片付けの3ステップ

【Step1】
お片付けしたい場所にある物を全部出してカラにする。
せっかくなのでこの機会に拭き掃除やシート交換もしておく。

【Step2】
Step1で出した物を「使っている物」「使っていない物」に2分別する。
現在~1年未満に使用した物を「使っている物」に。「使っていない物」は譲る、フリマに出す、寄付するなどの処分を検討する。

【Step3】
「分類別」「使う場所」などに分類し、収納する。
「使っている物」をカゴに入れる、つるしておくなど、種類や使用する場所を考えて収納する。

★コジマジックのここがポイント!
「物が収まらないときは、隙間に無理やり押し込まず、ストックボックスなどであえて目につく場所に置き、使い切ることを目指して!」


100円均一ショップのグッズでも、ちょっとの工夫で立派な収納に! この年末、あなたも手軽に片付け&掃除上手になってみませんか?
(mamatenna編集部)

プロフィール

監修/小島弘章(収納王子コジマジック) 画像提供/学研パブリッシング
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP