メディア個別 【自己嫌悪に】 妻たちが後悔した夫への暴言ランキング | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【自己嫌悪に】 妻たちが後悔した夫への暴言ランキング
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」と言いますが、意外とちょっとした口論でもヒートアップしてしまうもの。特に体調が悪かったり、嫌なことがあった後だったりすると、つい夫にひどいことを言ってしまったりすることも…。

●ほとんどの人が暴言を吐いた経験アリ!

ママテナが独自に行ったアンケート「夫に言って後悔した暴言は?」の結果によると、夫に暴言を吐いてしまったことのある人は、回答者の87.1%。ほとんどの人がケンカの際に、つい暴言を吐いてしまった経験があるようです。

そして気になる暴言の内容は以下の通り。

1位:姑など夫の肉親にまつわる暴言…42.5%
2位:収入など夫の稼ぎにまつわる暴言…32.4%
3位:子どもの前で、夫を馬鹿にするような暴言…32%
4位:顔、体型など容姿に関する暴言…16.9%
5位:「クズ」「ゴミ」など、夫の人格を否定する暴言…15.5%
6位:夫の学歴に関する暴言…6.1%

1位になったのは「夫の肉親にまつわる暴言」で、半数近くの42.5%が言ってしまった経験があるようです。姑問題もそうですが、夫の家族に関する不満は本人にも言いづらく、誰にぶつけて良いのか困るところ。たまりにたまってしまうと、ぶつける相手は夫しかいないのかも。

2位は「夫の稼ぎ」に関する暴言がランクイン。日頃欲しいものなどを我慢して家計をやりくりしたりしていると、飲み会などで気軽にお金を使ってくる夫に対して、ケンカをきっかけに不満が爆発してしまうことも多そうですね。

3位は「子どもの前で、夫を馬鹿にする」というもの。「パパって本当にだらしないね〜」など、ついつい不満を子どもを利用して伝えてしまうというのはありがちですが、それらが蓄積された結果、子どもが父親を疎むようになってしまって後悔しているママも多いのかもしれません。
【自己嫌悪に】 妻たちが後悔した夫への暴言ランキング
 

●暴言を吐いてすっきりするのは2割以下!?

一方で、暴言を吐いた後にすっきりしたと回答した人はわずか18.3%で、逆に自己嫌悪に陥ったりと、後悔した人は半数以上の52.5%という結果に。衝動的に言ってしまった言葉で、自分自身も嫌な思いをしてしまっている人はかなり多いようです。

つい衝動的に口から出てしまう暴言は、日頃のストレスがたまっていることなどもあり、制御するのは難しいもの。でも後味の悪いまま引きずるよりは、すぐに謝って、お互いにすっきりするのが、良いケンカの後始末方法なのかもしれませんね。

(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP