メディア個別 ロバート・デ・ニーロとジョン・マルコヴィッチが新作で共演! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ロバート・デ・ニーロとジョン・マルコヴィッチが新作で共演!

第1771回 海外スターの最新ニュース

ロバート・デ・ニーロとジョン・マルコヴィッチが、新作『ウォッシュ・ミー・イン・ザ・リバー』で共演する。ランドール・エメットの監督作第2弾となる同アクションスリラー作のキャストには、ラッパーのマシン・ガン・ケリーことコルソン・ベイカーも新たに加わったほか、ラッパーのクエイヴォも現在出演交渉中だという。

アダム・テイラー・バーカーが脚本を手掛ける同作は、オピオイド依存症から回復しつつある主人公が、刑事2人に追われる中、フィアンセを死に至らせたドラッグを売った2人の麻薬密売人への復讐を試みるといった内容だ。

11月に撮影開始予定で、エメットがジョージ・ファーラと共に自身の会社エメット/ファーラ・フィルムズから製作、そしてアレキサンダー・エッカート、ニコラス・ダンジェロ、リディア・ハルが製作総指揮を担う。

これまでに、デ・ニーロ主演作『アイリッシュマン』を含む数々の映画を手掛けてきたエメットは、「プロデューサーとして『アイリッシュマン』を含む多くのコラボレーションをしてきたロバートと、再び一緒に仕事が出来ることをとても嬉しく思っています。彼が私を映画製作者として支持してくれることにとても感謝しています」「コルソンは、この映画の主人公を演じる俳優として私の第1希望でしたし、ジョンは私の子供時代からのアイコンでした。2人に加え、ロバートも出演してくれるなんて夢の実現です」と喜びを語っている。

エメットは、新型コロナウイルス感染拡大により3月に撮影が中断されていたものの最近再開した、ミーガン・フォックスとブルース・ウィリス主演の監督デビュー作品『ミッドナイト・イン・ザ・スウィッチグラス』を控えている。

ピックアップ

ガブリエル・ユニオン、全黒人キャストの『フレンズ』朗読会を開催
批判が集まっていた『エレンの部屋』が再開
『セックス・アンド・ザ・シティ』のキム・キャトラル、投票のためにアメリカ市民権を申請
ザック・ブラフ、エミー賞追悼コーナーからニック・コルデオが「意図的」に除外されたと批判