メディア個別 ストレス解消には“幸せホルモン”を増やす科学的メソッドが有効! | いまトピママ | ママテナ
ストレス解消には“幸せホルモン”を増やす科学的メソッドが有効!

ストレス解消には“幸せホルモン”を増やす科学的メソッドが有効!

幸せな気持ちになれる脳内物質を分泌させ、イライラや心の落ち込みを改善する1日の過ごし方をご紹介。

“スッキリ系”と“癒し系”の脳内ホルモンで心が元気に

毎日家事や仕事に追われてストレスが溜まり、イライラしたり、急に気分が落ち込んだり……。

そんなとき、あなたの中で不足しているのが「幸せホルモン」と言われる脳内ホルモンだと指摘するのは、東邦大学名誉教授、メンタルヘルスの研究を行う有田秀穂先生。

幸せホルモンといわれるのは脳の神経伝達物質で、不足すると気持ちがネガティブになったり、不安定になります。

幸せホルモンのひとつは「セロトニン」という、気持ちを明るくしたり、朝の目覚めにかかわるもの。

もうひとつは「オキシトシン」で、こちらは癒し効果があります。

それぞれ“増やせる時間帯”があり、午前は頭をスッキリさせるセロトニンを、午後は穏やかな気持ちになるオキシトシンをたっぷり出すのが◎。

このサイクルをくり返せば、穏やかな心が取り戻せます。

この後ご紹介する、幸せホルモンの増やし方はどれも簡単ですが、すべて分泌量がアップすると科学的に裏づけされたメソッドです。

心地よく行うことが大切で、1日中家に閉じこもっているのが一番NG。

外に出て陽の光を浴びたりしましょう。

幸せホルモンを出す1dayスケジュール

○午前中

モヤモヤした気持ち、ネガティブな感情をスッキリさせる脳内ホルモンが「セロトニン」。

朝しっかり出すことで、背筋がピンとのび、活動的な1日を送れます。

太陽の光を浴びることや、歩いたり物を噛むなどのリズムを伴う動きが、セロトニンを分泌させるポイントになります。

AM 6:00
<窓を開けて朝の光を浴びる>

目の網膜に太陽の光を取り入れるとセロトニンが活発に分泌され、気持ちよく起きられます。

くもりの日でも光量は十分。5分以上浴びましょう。

AM 9:00
<外に出て30分ウォーキング>

少し早い速度で20〜30分、集中してウォーキングを。

緑の多い公園で、アップテンポの音楽を聴きながら歩くとより効果的です。

AM 11:00
<ガムを噛んでから集中して家事>
スポーツ選手がガムを噛んでいるのは、咀しゃくのリズム運動でセロトニンを分泌させ、集中状態を作っているから。これで家事もサクサク進む!

○午後

ストレス中枢に作用して興奮を抑え、穏やかな気持ちにするのが「オキシトシン」。

皮膚への刺激や、会話することが分泌につながります。

授乳中の母親に分泌するものとされていましたが、最新の研究で老若男女、誰でも出ると判明しました。

PM 2:00
<子どものお迎えではハグして手をつなぐ>
オキシトシンは肌と肌のふれあいで分泌します。

ハグするとき、体をぐっと近づけて、心音や呼吸が感じられるとさらに効果的。

子どもの幸せホルモンも活性化します。

PM 3:00
<買い物ついでにママ友と立ち話>
親しい人との顔を合わせての会話で、オキシトシンの分泌量がアップ。

ただし、ストレスになる小言や悪口はダメ。

共感を深める、楽しい話題を選びましょう。

会って話す時間がないときは、メールやLINEでもOK。

相手の存在を感じられるよう顔文字やスタンプを使うとgood。

情感のない文字だけだと、ホルモンが出にくいのです。

PM 5:00
<ペットとじゃれながらリラックス>
ペットをかわいがる習慣はストレス解消に最適。

毛並みをやさしくなでると、人間からも、ペットからもオキシトシンが分泌されます。

ペットがいない人は、観葉植物に水をあげることでも効果が。

愛情をこめて接することがポイントで、「大きく育ってね」と声をかけましょう。

PM 9:00
<夫婦でマッサージし合う>
愛情のある関係同士で触れ合うのは、オキシトシンの分泌効果大。

皮膚への刺激があれば、服の上からでも十分です。

マッサージされるほうはもちろん、するほうも同様に分泌するので、お互いにやり合うと良いでしょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

関連記事:

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。

ピックアップ

睡眠の質を上げるには「徐波睡眠」がカギ。疲れをためない眠り方
「子どもをダメにする」親の叱り方。NGな子どもの叱り方5つ
それでもプレイしたい花粉症ゴルファーのための基本装備
生理のしくみ「生理周期は4つの時期で成り立っている」