メディア個別 もしも流しが詰まったら!業者を呼ぶ前に試したい超簡単な3つの方法 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

もしも流しが詰まったら!業者を呼ぶ前に試したい超簡単な3つの方法
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

台所の排水口が詰まってしまった時、その前段階の流れが悪くなった時、どうしますか?
業者を頼むと、台所を綺麗にしておかないと恥ずかしいですし、お金もかかります。まずは自分でできる簡単な方法を試してみましょう、効果があるかもしれません。

つまりの原因とは?

先ずは敵を知りましょう。

排水口が詰まる一番の原因は「油汚れ」です。「うちは油を直接流したりしないのに…」と思ってしまいますが、食器や調理道具にも油は少量ながらついています。洗った時ににも少しづつ油が流れて、これが排水管に付着していくのです。
また調理中の野菜の皮などが、ゴミ受けがずれていたりするとすり抜けてしまうこともあります。

さてそれでは簡単にできる解決策です。
もしも流しが詰まったら!業者を呼ぶ前に試したい超簡単な3つの方法
 

その1「市販のクリーナー」

完全に詰まっていない場合の方法です。
排水口の蓋やゴミ受け、ワントラップと呼ばれる排水口の蓋を外し、排水口を露出させ、クリーナー指定の量を排水口に流し込み、しばらく置いて水で流す方法です。洗剤の成分で油の汚れを取り除く一番簡単な方法ですね。

効果を高めるために、洗剤を流し込む前、

1)お湯で洗剤ボトルを温めて洗剤の温度を上げる 
2)流す時は50度から60度のお湯で流す

と効果が高まります。

その2「タオル&お湯」

これはお湯が一気に流れる時の水圧を使って、汚れを流してしまう方法です。

不要なタオルで排水口をきっちり塞ぎます。後でタオルを取り出せるだけ残しておき、排水口にタオルを詰め込みます。漏れないように詰め込んだら、シンクにお湯をたっぷりためた後、タオルを一気に抜き取ります。
使い古したタオルを使うので安上がりで効果の高い方法です。

その3「ペットボトル」

ペットボトルを使って空気を送り込むことで、排水管内の圧力を上げ、汚れを流れやすくする方法です。
これはホームセンターなどで売られている「真空式パイプクリーナー」の機能をペットボトルで代用した形です。

2リットルのペットボトルの口を排水口に隙間ができないようにキッチリ合わせて入れ、何度かペットボトルを押して空気をいれます。何回か空気を送ったら排水口からペットボトルを外し、また排水口に合わせて入れて空気をいれる、を何度か繰り返します。こうしているうちに、つまりが解消されていきます。

これらの方法で駄目なら、ラバーカップ(学校のトイレなどにあった棒に丸いラバーがついたアレです)やワイヤーブラシを買ってくるか、業者に頼む、ということになりますね。

さて、こんな余計な作業をしないためにも日頃の掃除をキチンとしましょう、という話なんですが、キッチンを使った後に、お湯を排水口に毎回流しておくだけで、油汚れを溶かしておくことが出来るので、これは一番簡単な防止法ですね。あとは定期的にパイプクリーナーを使って掃除をしておけば、つまり防止と漂白作用で流し周りもキレイにできて一石二鳥ですよ。
(文・嵯峨根きよみ)

あなたにオススメ

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP