メディア個別 早生まれは損!?早生まれの息子を産んで感じること【ママの体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
早生まれは損!?早生まれの息子を産んで感じること【ママの体験談】 

早生まれは損!?早生まれの息子を産んで感じること【ママの体験談】
~ベビーカレンダー~

この記事では、早生まれの息子三をお持ちのママの体験談を紹介します。早生まれの息子さんを産んでママが感じたことは、発達の差、子ども手当をもらえる期間が短いこと。ただ、メリットも感じたそう。保育園や幼稚園など、低月齢から刺激をたくさん受けることができ、成長の後押しをしてくれたように感じるとのことです。

私は、3月に普通分娩で息子を出産しました。保育士の経験から、早生まれの子どもの特性はわかっているつもりでしたが、いざ自分が早生まれの子どもを産んで感じたことがあります。

早生まれと遅生まれは発達の差が大きい

早生まれの息子を産んでいちばんに感じたことは、発達の差でした。同じ年度の4月に子どもを産んだ友人が私の出産のお祝いに来てくれたとき、友人の子どもはすでに歩いていました。新生児の小さな息子と友人の子どもを見て、こんなに差があるのに同級生なのかとおどろきました。


ほぼ1年も誕生日が違うため、仕方がないとはいえ、早生まれと遅生まれに発達の差があるのは当然だと保育所でも改めて感じました。

早生まれは子ども手当をもらえる期間が短い

私の住む自治体では、出生届を出した翌月から子ども手当の給付が開始されます。生まれた順に給付が始まるのに、給付金の金額には差があり、終わるのは「小学校就学まで」や「中学校卒業まで」と、学年で分けられてしまいます。


私の住む地域では「小学校就学まで」は15,000円の給付なので、4月生まれと3月生まれでは165,000円も給付額に差があると思うと、なんだか損した気分にもなってしまいます。

早生まれにはメリットだってある!

デメリットばかり考えがちな早生まれですが、メリットも感じています。保育園や幼稚園などでは、低月齢から刺激をたくさん受けることができ、成長を後押ししてもらえます。また、園の先生も、早生まれであることを理解して支援してくれます。


発達の差も小学校就学するころには気にならなくなり、年をとってからは「同級生の中でちょっとだけ若くいられてラッキーかも」とも思いました。


子どもは授かりもの。早生まれになるか遅生まれになるか、どうなるかはわからないことも多いですよね。それでも私は、第二子は遅生まれを狙ってみようかなと思っています。その際は、早生まれと遅生まれ、両者の差を見てみたいと思います。(TEXT:ママライター田中麻奈)


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP