メディア個別 パパだって育児がしたい!お願いするときの5つのコツ | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
パパだって育児がしたい!お願いするときの5つのコツ 

パパだって育児がしたい!お願いするときの5つのコツ
~ベビーカレンダー~

この記事では、日本コミュニケーション育児協会の珠里さんが、パパに育児をしてもらうために、お願いするときの5つのコツを紹介してくれます。それは、いっぺんに多くのことを望まない、「〇〇やって!」というような命令口調で言わない、やってほしいことはていねいに説明する、結果がどうであれグチグチ言わない、「ありがとう、助かったよ」などのお礼はきちんと言うことです。

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。ママたちから「パパにもっと育児をしてもらいたい」と、ご相談を受けることが多く、実際に私も上の子がベビーちゃんのころは同じように感じていた時期もありました。ですが、今ではわが家のパパは、巷でいう“イクメン”と化しています。そこで今回は、パパに育児をしてもらうコツをお伝えいたしますね。

パパだって育児に参加したい!?

多くのママから、パパは「おむつを替えてくれない」「ちょっとした時間でも見ていてくれない」「夜泣きや夜中の授乳に起きてくれない」などとお聞きします。


一方、パパはというと「何をどうしていいのかわからない」「小さくて触るのがこわい」「寝ていると全然気付かない」と、育児に参加したくないわけではないみたいなのです。ママからの「え?!」という声が聞こえてきそうですが、ここはひとつ「そうなのね~♡」と、パパの不安と言い分を受け止めてあげてくださいね。

パパにお願いするときの5つのコツ

相手の気持ちを受け止めることは、自分の気持ちを受け止めてもらうためにはとても大切なこと! しっかりと受け止めてくださいね。受け止めたら今度はママのしてほしいことを伝える番です! これにはちょっとしたコツがあります。 


1. いっぺんに多くのことを望まない

2.「〇〇やって!」というような命令口調で言わない

3. やってほしいことはていねいに説明する

4. 結果がどうであれ、グチグチ言わない

5.「ありがとう、助かったよ」などのお礼はきちんと言う


お子さんと一緒にいられる時間が少ないパパには、少しずつ育児をしてもらうといいでしょう。そして、結果はどうであれグチグチ言わずに、やろうとしてくれた気持ちに「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えてくださいね。 

パパだからできる遊びをしてもらおう!

また、パパには体を使ったり、支えが必要だったりと、力がいる「“パパだからこそ”な遊び」を担当してもらうのもおすすめですよ! コツをつかんで、どんどんパパにも育児をしてもらってくださいね♪

著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里友子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP