メディア個別 症状はうつとそっくり!鉄欠乏症貧血 | 心の不調とどう向き合う? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
心の不調とどう向き合う? 

症状はうつとそっくり!鉄欠乏症貧血
~心の不調とどう向き合う?~

妊娠や出産、子育ては、女性にとって大きなライフイベントのひとつ。さらにその時期はホルモンバランスが崩れやすく、プレママや新ママは心が不安定になりがちだ。

一般的には、妊娠中や産後に急に涙もろくなったり、子育てに不安を感じたりして気持ちが落ち込んだりする状態を「妊娠うつ」や「産後うつ」と称することが多い。ただし、 こうした症状が必ずしも“心の病”ではなく“体の病”である可能性もあるのだとか。心療内科みゆきクリニックの塙(はなわ)美由貴先生に聞いてみた。

「鉄分が不足して『鉄欠乏症貧血』になると、気分が落ち込んだり、無気力になったりします。また、疲れやすさや息切れ、集中力の低下といった症状も特徴的です。 これらの症状は、『うつ病』と見分けがつかないくらいそっくりなのです」(以下 塙先生)

特に注意が必要なのは、妊娠中だ。妊娠中は胎内の赤ちゃんに優先的に鉄分が供給されるため、お母さんの体はどうしても鉄分が不足し、貧血に陥りやすい。

一般的に、貧血かどうかの判断は血液中に存在するヘモグロビンの数値によって行う。しかし、ヘモグロビンの数値が正常であっても「フェリチン」と呼ばれる貯蔵鉄が不足している“隠れ貧血”もあるのだとか。
症状はうつとそっくり!鉄欠乏症貧血
 
「まずは患者さんにカウンセリングと検査を行い、心理的な問題なのか、身体的な問題が背景にあって“うつ状態”に陥っているのかを判断。その上でそれぞれに適切な治療方法を提案します。『鉄欠乏症貧血』だった場合には、それを予防・改善するために、鉄分を多く含むレバーや砂肝、鉄の吸収に必要となる亜鉛が多い牡蠣やはまぐり、しじみといった貝類を積極的に摂るようにすすめています」

鉄分以外にも、心の安定にはアミノ酸の一種であるトリプトファンの摂取も効果的だという。

「トリプトファンは、気分を安定させるセロトニンという神経伝達物質や睡眠を快適にするメラトニンというホルモンを合成するアミノ酸です。トリプトファンが足りないと、気分が落ち込んだり、眠れなくなったりしまうんです」

トリプトファンを多く含むのは、肉類や赤味魚、すじこやたらこ、プロセスチーズなど。たんぱく質の含有量が多い食べ物を積極的に摂ることを心がけよう。

とはいえ、安易に自分だけで判断するのは症状を悪化させてしまう恐れもある。気の沈みやイライラ状態が続き「うつかな?」と思ったときは、早目に病院へ行き、適切な指示を仰ごう。
(二本松菊子+ノオト)

お話をお聞きした人

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP