メディア個別 タオルかけとフックで簡単収納 | 100円アイテムでお片付け上手! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
100円アイテムでお片付け上手! 

タオルかけとフックで簡単収納
~100円アイテムでお片付け上手!~

お片付けをするときに考えがちなのが、収納をどうするか。本音を言えば、あまり費用をかけたくもない。そんなときには100円ショップなどで手軽に買える「タオルかけ」や「フック」などを使えば、リーズナブルに収納を確保できます。収納王子コジマジックさんのテクが光る、見せてもキレイ、子どもが簡単にできるお片付け方法を教えてもらいましょう!

●「タオルかけ」でキャップ収納

「タオルかけ」でキャップ収納
 
型崩れしやすいうえに、無造作に置いてしまうと散らかっている雰囲気を醸し出してしまう、キャップ。そこでオススメしたいのが、タオルかけ。つばを差し込むだけで収納ができ、ディスプレイにもなるのがポイント。玄関先に取り付けて、子どものお片付け習慣に!

★コジマジックのここがポイント!
「タオルかけですが、さまざまな種類があり、タオルをかける以外にも工夫次第でいろいろ利用できます。取り付け場所の素材によって、吸盤や粘着、磁石などのタイプを使い分けて。タオルかけ収納テクをマスターすれば、お片付けが苦でなくなるかも!」

●「差し込みフック」で引っかけるだけ収納

「差し込みフック」で引っかけるだけ収納
 
身長の低い小さな子どもが、クローゼットに洋服をかけるのは、とっても大変。低い位置に差し込みフックを取り付けておけば、小さな子どもでも無理なく自分の服をかけることができます。カラーボックスなどの高さのない物に差し込みフックを取り付けておけば、小さな子どもの服が、ちょうどよく引っかけられそう。
※写真は、差し込みフックを挟み込んでから、カラーボックスの天板を付けた物です。

★コジマジックのここがポイント!
「かけるだけ、というのが大事なポイント。無理なことや多くのアクションが必要な場合、子どもはお片付けを苦に感じてしまいます。しかし、『かけるだけ』など、子どもが簡単にできる工夫をすることで、ママの負担がグ~ンと減りますよ!」

●4つの違い、「片付け」への道のり

子どもに「片付けなさい」と、何度言っても片付かない…。そんな経験をもつママも多いのでは? しかし、「片付け」とは何か、それをママ自身が知らないことには、子どもが突然、片付け上手になるはずがありません。まずは、片付けにいたるまでの道のりを理解しましょう。

【1.整理】
まず、いらない物を取り除く。「いる」「いらない」で迷ったときは、「使っている」「使っていない」で分類を。クローゼットや押し入れなど、スペースを1つずつ決めて、集中的に作業する。

【2.収納】
使う物だけを使いやすくしまう。めったに使わない物はしまわない。物をしまうときは、使う場所を考えて、見やすさ、取り出しやすさを考慮する。

【3.整頓】
誰もがすぐ取り出せて、使ったらすぐ戻せるようにする。棚を付ける、カゴにまとめる、ラベルを付けるなど、キレイに整頓するのがコツ。

【4.片付け】
「毎日」「季節ごと」、また「週1回点検する場所」「月1回点検する要素」などを決め、片付けを定期的に行うルールを作る。

★コジマジックのここがポイント!
「雑貨屋さんや100円ショップなど、収納システム選びには、メジャーを持って行くと、買ってきた物が収まらない、なんてことはなくなりますよ! また、すぐに散らかるという人は、物の適正量を決めておきましょう。例えば、Tシャツの枚数は10枚と決めておく。新しいTシャツを1枚買ったら、古い物を1枚処分しましょう。このようなルールを決めておけば、本当に気に入った物しか買わなくなり、無駄遣いも減るので、一石二鳥です」

子どもでも簡単にできる、100円グッズを使った「差し込むだけ」「かけるだけ」の、「●●だけ」収納。これなら子どもでも続けられそうですよね。ぜひ、お試しください!
(mamatenna編集部)

プロフィール

監修/小島弘章(収納王子コジマジック) 画像提供/学研パブリッシング
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP