メディア個別 【子どもがかかりやすい胃腸炎】予防方法から、なってしまった時の注意点 | ママテナ的まとめピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【子どもがかかりやすい胃腸炎】予防方法から、なってしまった時の注意点
~ママテナ的まとめピックアップ~

子どもがかかりやすく感染力が高い胃腸炎。胃腸炎の原因から、そもそも胃腸炎に感染しにくくする方法を専門家の意見から紹介します。

胃腸炎になってしまった子どものケアはもちろんですが、嘔吐の始末を間違えてしまい更に感染が広がってしまうケースもあります。ママテナの記事から胃腸炎の対応策をまとめました。「胃腸炎かな?」という症状が見られる場合は、これらの記事を参考にしつつも、早めに病院に連れていく事が大事です。

その1●そもそも胃腸炎の原因は?

胃腸炎、正確には「感染性胃腸炎」と呼ばれる病気ですが、細菌性とウイルス性の2種類が大半です。
サルモネラやO-157などが原因の細菌性は、細菌が繁殖しやすい夏場に多いのが特徴。一方、ウイルス性はノロやロタなどのウイルスが原因。空気が乾燥する冬に流行します。先ずはこの病気について学びましょう。

▼続きはこちら▼
【胃腸炎】細菌性とウイルス性はどう違うの?
【子どもがかかりやすい胃腸炎】予防方法から、なってしまった時の注意点
 

その2●予防方法は?

胃腸炎が怖い大きな理由は、その感染力の高さにあります。家族の誰かが感染してしまった場合、気をつけることはなんなのか、お医者さんの意見です。

また日頃から子どもに感染させないようにするにはどうすればいいのか?その答えは食べ物にありました。

▼続きはこちら▼
胃腸炎の家庭内感染を防ぐためのポイントは?
胃腸炎やインフルエンザの予防になる離乳食は?【管理栄養士に相談】
食中毒を防ぐには腸内環境も大事だった! 食中毒の症状とその予防法

その3●意外なクセが胃腸炎の原因に…

胃腸炎で2度の入院を経験したお子さん。まだ小さく他のお子さんとの接触も少ないことから原因について悩んでいましたが、その原因は小さな子どもなら誰でもしているクセでした。

▼続きはこちら▼
【侮れない胃腸炎】2度の入院を経験した娘!意外な原因とは!?

その4●感染してしまったら…

では感染してしまった場合はどんなケアが必要なのでしょうか?

・胃炎になってしまった子どもへの対応方法、
・嘔吐した後、正しく処理する事によってさらなる感染を防ぐ方法

以上2つの点から、その対処方法を紹介します。実際に「処理を間違えてしまった」というママの声は大事な事を教えてくれます。

▼続きはこちら▼
子どもが「胃腸炎」に! どんなケアが必要?
【体験談】遊びに来た赤ちゃんが嘔吐。対応を間違えて大変なことに!?
胃腸炎だけではない!子どもの嘔吐や腹痛の原因は〇〇だった!

その5●赤ちゃんが下痢、嘔吐をした場合の離乳食は?

赤ちゃんが下痢や嘔吐をした場合、心配なのが脱水症状です。水や離乳食を与えるタイミング、避けるべき食品は、など専門家の意見を紹介します。嘔吐を繰り返す時に気を付けたいのが脱水症状です。脱水症状とはどのようなものか、水分を与える方法など紹介します。

▼続きはこちら▼

赤ちゃんが下痢のときは離乳食を食べてもいいの?

【病児食】赤ちゃんが嘔吐したあとに離乳食は食べてもいい?
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP