メディア個別 ガブリエル・ユニオン、全黒人キャストの『フレンズ』朗読会を開催 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ガブリエル・ユニオン、全黒人キャストの『フレンズ』朗読会を開催

第1818回 海外スターの最新ニュース

ガブリエル・ユニオンが、全員黒人キャストでの『フレンズ』のライブ朗読会を呼びかけた。『チアーズ!』で知られるガブリエルは、非営利団体ウェン・ウィ・オール・ヴォートのプロモーションを目的に、会議アプリのZoomを使って現地時間22日(火)に開催されるこの企画で、スターリング・K・ブラウンやライアン・ミシェル・ベイズ、ウゾ・アドゥーバ、アイシャ・ハインズ、ケンドリック・サンプソン、ジェレミー・ポープらと共演することになる。

デヴィッド・シュワイマーとジェニファー・アニストンが演じた、くっついたり離れたりのカップル、ロス・ゲラーとレイチェル・グリーンは、『ディス・イズ・アス』のスターリングが実生活での妻であるライアンと演じる一方、ウゾはリサ・クドローが演じたフィービー・ブッフェ、アイシャは、コートニー・コックスが演じたモニカ・ゲラー、マット・ルブランクとマシュー・ペリーが演じたジョーイ・トリビアーニとチャンドラー・ビング役はケンドリックとジェレミーがそれそれ演じる。

サリー・リャードソンが監督を務めるこのイベントは、「Zoom・ウェアー・イット・ハプンズ」シリーズの一環で、同シリーズでは以前にもレジーナ・キングの呼びかけにより、アルフレ・ウッダード、トレーシー・エリス・ロス、サナ・レイサンなど全員黒人キャストで、『ゴールデン・ガールズ』の朗読会が開催されていた。

一方、HBO マックスの特別番組で、『フレンズ』のキャストが再集結する予定となっているが、コロナ禍で、当初予定されていた5月以来、何度も延期となっている。現在はウィルス対策を事前に行う条件でセットには戻る事は許されているものの、ライブで観客を入れることはできないため、無観客で撮影するべきではないと考えていることを共同制作者のマルタ・カフマンは先日明かしていた。「皆が待ち望んでいるのよ。でも、安全になるまで、待たなければならない。これは台本のない番組だから。これ以外の方法はないの。観客が絶対に必要になる。ソーシャルディスタンスを取ったとしても、観客は『フレンズ』でとっても大事な位置を占めるものであり、無しでは出来ない。皆やる気だけど、ライブで観客を入れて繋がりを感じられる時が来るのをただ待ってる」と述べた。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ