メディア個別 収納王子伝授!子供のぬいぐるみは100均で揃うハンモック収納がよし | 100円アイテムでお片付け上手! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
100円アイテムでお片付け上手! 

収納王子伝授!子供のぬいぐるみは100均で揃うハンモック収納がよし
~100円アイテムでお片付け上手!~

何でもしまい過ぎてしまうと、お片付けのみならず、出すのも大変に。そこでオススメしたいのが、見せる収納。特に、子どものお気に入りのぬいぐるみなどは、見えるところに収納するとディスプレイにもなり、お片付けも置くだけ、放り込むだけで、とっても簡単。ハンモックを作って、ぬいぐるみ置き場を作っていきましょう。

●「自転車の防犯用ネット」でぬいぐるみハンモック

「自転車の防犯用ネット」でぬいぐるみハンモック
 
意外とかさばるぬいぐるみ。ネットに載せれば片付けが楽なうえに、ぬいぐるみをディスプレイ収納することができて、まさに一石二鳥!

使用しているのは自転車の防犯用ネットと可動式フック。両側のカラーボックスに、フックからネットが外れないように可動式粘着フック(写真:下段左)を利用して引っかけます。自転車の防犯用ネットは2枚をつなぎ合わせて使用。連結するときは、結束バンド(写真:下段右)でつなぎ合わせます。

★コジマジックのここがポイント!
「ぬいぐるみがいつも目につくところにあるので、小さな子どもでも寂しくならないし、『放り込むだけ』なので、片付けも簡単ですよ!」

●「つっぱり棒」で、ぬいぐるみハンモック

「つっぱり棒」で、ぬいぐるみハンモック
 
大きめのぬいぐるみは、かわいくてもかさばるのが難点。柱や壁、家具などのすき間を利用して、天井に近い空間にぬいぐるみ置き場を設置するのがオススメ。

用意する物は、つっぱり棒と布(長さ:適量)、安全ピン(本数:適宜)。作り方は、布の端の部分に、天井付近で使用するつっぱり棒に通すための輪を作り、安全ピンで留める。手前に垂らす分を残して、安全ピンでつっぱり棒を通す輪を作る。それぞれ、つっぱり棒を通して取り付ける。普段は手前に垂れている布をぬいぐるみにかぶせておけば、部屋がすっきりして、埃よけにもなります。

★コジマジックのここがポイント!
「つるす、仕切る、支える…と、つっぱり棒の用途は無限大! つっぱるだけで収納スペースが確保できるため、壁に穴を開けることなく、空間を有効利用できるのが、つっぱり棒の魅力です」
※耐荷重以上の負担はかけないように注意しましょう。

●散らかさないためのお片付けのルール作り

せっかく片付けても、しばらくすると元の散らかった状態に戻っている…、という人にオススメしたいのが、定期的なメンテナンス。毎日から季節ごとまでの点検ポイントをチェック!

【毎日】
今日1日で使った物は、元の場所に戻っているかチェック!
(新聞や雑誌、子どものおもちゃ、学校のプリント、郵便物、洗濯物、食器など。)

【毎週】
冷蔵庫や水回り、お出かけ時に着た服、請求書などをチェック!
(冷蔵庫の食材、お風呂おもちゃ、雑誌、DM&請求書、外出着&アクセサリー、学校の宿題など。)

【毎月】
定番消耗品、足りないもの、多すぎる物をチェック!
(ストック食材、ストック消耗品<洗剤、ペーパー類>、新聞紙、レシート、衣類収納、くつ箱など。)

【季節ごと】
衣替えや行事の飾りつけで出し入れのある、押し入れやクローゼットをチェック!
(衣類、寝具、子どもの作品、写真、食器、キッチンツールなど。)

★コジマジックのここがポイント!
「収納リバウンドをしないためのポイントは、『徐々に増える物は、徐々に減らす』こと。お気に入りのCDや雑誌、雑貨など、気づくと結構増えていることも多いですが、それを一気に処分しようとすると、かなりの勇気が必要に。そんなときは、自分を追い詰めず、少しずつ処分していきましょう!」


「つっぱり棒」や「自転車の防犯用ネット」を使用したハンモック。ぬいぐるみを置くだけ、放り込むだけで簡単に収納できて、子どもも楽々お片付けできそうですね!
(mamatenna編集部)

プロフィール

監修/小島弘章(収納王子コジマジック) 画像提供/学研パブリッシング
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP