メディア個別 カルディ冷凍チャーハンの新商品・ルーローチャーハンを食べてみた | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

カルディ冷凍チャーハンの新商品・ルーローチャーハンを食べてみた
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

いろんな食品を取り扱うカルディコーヒーファーム(以下、カルディ)は、冷凍食品も充実しています。とくにチャーハンシリーズは、安くておいしいのですが、最近新商品として新しい味が発売になったのです。

しっかりした味わいのルーローチャーハン

カルディのチャーハンシリーズ(冷凍食品)には、トムヤムクンをイメージした「トムヤムチャーハン」やパクチーがたっぷり入った「パクチーチャーハン」、ピリ辛で食べごたえのある「ガパオチャーハン」といったものがあり、どれもエスニックテイストで、ネット上でも“おいしい”といわれています(ちなみに筆者はガパオチャーハンが一番好きです)。

そんなチャーハンシリーズに新しく加わったのが「ルーローチャーハン」(税込226円)。台湾屋台の定番といわれる、ご飯に豚肉をのせた「魯肉飯(ルーローハン)」風味で、中国の代表的な混合香辛料の「五香紛」の香りが特徴なのだとか。
カルディ冷凍チャーハンの新商品・ルーローチャーハンを食べてみた
 
今まで発売されていたチャーハンは、前述の通りタイ料理系でしたが、今回は台湾料理で少し異なっています。そこで、筆者も実際に食べてみることに。

冷凍食品なので作り方はとても簡単で、電子レンジ調理の場合は、本品を皿に平らに盛り付け軽くラップをかけたら、600Wで約3分40秒(500Wなら約4分10秒)加熱するだけ。フライパン調理の場合は、熱したフライパンにサラダ油またはバターをひき、凍ったままの本品を数分炒めるだけでOK。

筆者は電子レンジで作り食べてみたところ、確かに台湾料理屋で食べたことのあるルーローハンのような独特の香りで美味。豚肉は小さめですが、しっかりと存在感もあってうまみたっぷりでした。

とくにアレンジしなくても十分おいしいですが、煮卵や豚の角煮をのせれば、さらにおいしくなることは間違いなしです。

1袋あたり220gだからママのひとりランチにもよさそう。気になる方はチェックしてみてくださいね。
(文・山手チカコ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP