メディア個別 マーク・ウォールバーグ、学校にマスク130万枚を寄付 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

マーク・ウォールバーグ、学校にマスク130万枚を寄付

第1825回 海外スターの最新ニュース

マーク・ウォールバーグ(49)が、アメリカ各地の学校に合計130万枚のマスクを寄付した。マークは、物流サービスのAccelerate360と健康関連の通販サイトLifeToGoとタッグを組み、新型コロナウイルス感染拡大の中、学校に通う子供達に使い捨てのマスクを届ける。

マークは、動画の中でこう語っている。「君達が僕達に必要なものを全て供給してくれたおかげで僕達が健康かつ安全でいられる」「心の底から感謝する。僕達からのサポートとして、僕の会社パフォーマンス・インスパイアード・バイオニュートリションは、Accelerate360とLifeToGoと協力して、僕達の素晴らしい国の各地の学校に130万枚の使い捨てマスクを寄付するよ。毎日新たな挑戦があるけれど、僕達は引き続き君達や君達の家族のために祈り続けてゆく。君達の努力に感謝していることを分かって欲しい」「神の祝福を。安全で。君達のことを常に心に留め、祈っているよ。ありがとう」

そんなマークは5月には、自身が経営するハンバーガー・チェーン、ウォールバーガーズを通して新型コロナ感染拡大と最前線で戦う人々に食事を提供していた。

一方で以前には自身の一風変わった生活習慣を明かしていたマークだが、ロックダウン中は睡眠時間を増やしたそうだ。妻レア・ダーラムとの間に10歳から17歳まで4人の子供がいるマークは、通常毎朝2時30分に起床、祈りと朝食を終えた後、90分のワークアウトをするそうだが、パンデミックとなって以来朝は9時まで寝て、エクササイズは10時半まで始めなくなったという。「まだ週5回トレーニングはしているよ。でも妻が一緒にいるんでね。僕は、人間目覚ましのように感じるよ。妻にもエクササイズをさせようとしているんだが」「あとは、普段より食べたりワインを飲んだりしてる。仕事が再開するって耳にするまではメンテナンスだけ。そうなれば、また超厳しい鍛錬を始めるよ」とマークは話している。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ