メディア個別 お友だちのおもちゃを取ってしまった!そんなとき親はどうすればいい? | ベビーカレンダー | ママテナ
お友だちのおもちゃを取ってしまった!そんなとき親はどうすればいい?

お友だちのおもちゃを取ってしまった!そんなとき親はどうすればいい?

この記事では、保育士の中田馨さんがお友だちのおもちゃを取ってしまったときの対応ついて紹介。おもちゃの取り合いも子どもの成長のあかしと捉え、取ったほうと取られたほう両方の気持ちを受け止めること。突き倒す・噛む・たたく・ひっかくなどしないかを見守ることです。

こんにちは、保育士の中田馨です。1歳ごろになると、そばにいるお友だちのおもちゃを取ってしまうことがあります。私が経営している保育所は0~2歳児が対象ですので、毎日そんな子ども同士のやり取りがあります。


お友だちのおもちゃを取ってしまうことは、子どもが成長する中でよくあることです。でも、よくあることと言っても、一緒に遊んでいるお友だちのおもちゃを取ってしまったときは、やっぱり困ってしまいますよね。そんなとき、親は子どもにどう声かけをしたらいいのでしょうか?

お友だちのおもちゃを取ることはダメなこと?

まずは、おもちゃを取りあうことも成長のあかしととらえましょう。


3歳ごろまでは「自分のもの」「他人のもの」の区別がついていません。この時期に、「かして」「はいどうぞ」の練習を始めるチャンスです!

声かけで両者の気持ちを受け止める

もし、お友だちのおもちゃを取ってしまい、お友だちが泣いてしまったら、あなたならどのような声かけをしますか?


たとえば、取られたほうには「取られて悲しかったね」 取ったほうには「おもちゃで遊びたかったね。〇〇ちゃんも取られて悲しかったと思うよ」と、声かけをしてみましょう。このように、両者の気持ちを受け止めることが大切。これは、幼児期になっても同じです。

関連記事:

ピックアップ

「こんなに違うのに同級生?」早生まれベビーで実感メリットとデメリット
「え!本当に私でいいの…?」娘の懐の深さにびっくりした話
【業務スーパー】フォンデュも簡単!楽しみ方いろいろ濃厚なめらかスイーツ♡
「出てる!逆!w」可愛すぎる兄妹に、ツッコミと笑いが止まらない♡