メディア個別 ごめんね…生後4カ月で保育園、ミルクが飲めず涙の仕事復帰に【体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ごめんね…生後4カ月で保育園、ミルクが飲めず涙の仕事復帰に【体験談】 

ごめんね…生後4カ月で保育園、ミルクが飲めず涙の仕事復帰に【体験談】
~ベビーカレンダー~

生後4カ月で保育園入所が決定。赤ちゃんを預ける?預けない?仕事復帰すべきか否か悩んだときの話と、母乳育児のため、ミルクが一切飲めない赤ちゃんを保育園へ預けはじめたときのエピソードをご紹介。

4月に入り、仕事復帰などに向けて保育園デビューをしたお子さんも多いのではないでしょうか。私の娘も生後4カ月のとき、保育園へ入所しました。仕事復帰することへの苦悩、娘への罪悪感、ミルクが飲めない娘との葛藤…私の仕事復帰は、こうでした。

どうしよう…生後4カ月、保育園入所が決定

1月末に娘を出産。「ここは保育園の激戦区だから、早めに保育園の申し込みをしたほうがいいよ」という同地区在住の先輩ママからのアドバイスを受け、4月になんとなく保育園の入所希望を出したところ、なんと即月入所が決定してしまいました…! せめて半年以上は赤ちゃんとゆっくり過ごしたいと思っていたので、予想外。


「こんなに小さくてかわいくて、まだ首もすわっていない赤ちゃんを預けてまで働く意味ってなんだろう…」なにも知らず、私に笑いかける娘を見て、罪悪感と後ろめたさでいっぱいになりました。


待機児童が確定し、預けたくても預けられないママたちが、世の中にはたくさんいることも知っています。入所できるのにも関わらず、入所させようか悩んでいること自体が、すごく贅沢にも思えてきます。

しかし、ここで入所の決定を蹴ってしまうと、あと1年は仕事ができないことも正直不安でした。夫と何度も話し合い、生後4カ月で保育園へ入所することを決めました。

ミルクも哺乳瓶もイヤ!泣く娘に「ごめんね…」

こんなに早く保育園へ預ける予定ではなかったので、完全母乳育児。そう、おっぱいしか飲めません。

「ミルクを飲めるようにしてあげなくては!」と、あわてて哺乳瓶や粉ミルクなどを買い揃えて飲ませようと試みましたが、時すでに遅し。顔を真っ赤にしてのけぞり、小さな体を目一杯使って「おっぱいがいいよー!」と大泣きしながら訴えてきます。


飲ませたくても飲ませられず、ガチガチに張っていくおっぱい。母乳パッドはすぐにパンパン。ミルクのメーカーや乳首の種類を変えても、断固としてミルクを飲まない娘。くちびるをプルプル震わせて全力で拒否。


「おっぱい、飲みたいよね。ママのせいで泣かせてごめんね…」申し訳ない気持ちでいっぱいになり、根負けしておっぱいをあげてしまいます。結局、1滴もミルクが飲めないまま保育園入園初日を迎えました。

ミルクが飲めないまま仕事復帰することに


慣らし保育中、保育士さんがさまざまな方法でミルクを飲ませようと試してくれたようですが、飲めませんでした。

結局ミルクを1滴も飲めないまま、仕事復帰初日。娘と初めて8時間も離れるうえに、今日も飲めなかったら…という不安もありましたが、「本当におなかが空けば、ミルクを飲むはずですから安心してくださいね」という保育士さんの言葉に安堵し、会社へ出勤しました。


ガチガチに張ったおっぱいをトイレでしぼりながら、「ミルク、ちゃんと飲めたかな。この捨ててしまうおっぱいが飲みたくて、今ごろ泣いているかもしれないな…」と娘のことを思うと、胸がキューッと締め付けられました。


走ってお迎えに行き、保育園へ到着すると、なんと娘は1滴もミルクを飲まずに私を待っていました。「おなかが空いたでしょう…ごめんね、ごめんね…」パンパンに張ったおっぱいをゴグゴクと食らいつくように飲む娘を見て、涙が止まりませんでした。


家ではいろんなメーカーのミルクや乳首の種類、形、サイズを変えて試すものの、乳首が口に触れるだけで大泣きです。保育士さんも毎日諦めずに試してくれましたが、受け付けません。お迎えに行き、泣き疲れて眠る娘の寝顔を見て、申し訳なくて胸が苦しくくなり、涙をこらえながら家に帰る毎日でした。

ミルクが飲めた!それはある日、突然に!

慣らし保育開始から2週間ほど経ったある日、お迎えに行くと「今日、ミルク飲めました!一気に100ccも飲んだんです!」と保育士さんが嬉しそうに教えてくれました。このとき以降、今までの格闘がうそのようにミルクをおいしそうに飲んでくれるようになったのです。


苦しかったミルク戦争が、ようやく幕を閉じました。その後、保育園ではミルク、家では母乳を続け、離乳食開始とほぼ同時に卒乳し、ミルク育児に移行しました。


授乳期に保育園へ預ける可能性があるならば、哺乳瓶に慣らしておくために、母乳を哺乳瓶であげるなどしておけばよかった、と後悔しています。

あのとき、諦めなくてよかった!

まだ首もすわらない赤ちゃんを保育園に預けてまで働くことへの葛藤、泣いて嫌がる娘にミルクを飲ませようとする罪悪感ーーー赤ちゃんママの仕事復帰には、思っていた以上に高い壁がいくつも待ち受けていました。


今、お迎えに行くとお子さんが泣いていて罪悪感でいっぱい、というママさんはたくさんいらっしゃると思います。娘がかわいそうで、何度も仕事を辞めようと思いました。でも、私は「あのとき、仕事を諦めなくてよかった…!」と思えるほど、ママになった今のほうが何倍も仕事を楽しめています。


泣いてママの帰りを待っているお子さんも、きっとニコニコ笑顔でお出迎えしてくれる日が来るはずです。「今だけ」だと思って、乗り越えてくださいね。

著者:大脇香織

WEBメディア編集者。ママ系雑誌、WEBに携わり約10年。チャイルドマインダー、食育アドバイザー、幼児食インストラクター取得。三姉妹の母。


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP