メディア個別 自由時間をGET!朝活ママは何をしている? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

自由時間をGET!朝活ママは何をしている?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

早起きをして、朝の仕事に行く前の時間を使って勉強や趣味を行う「朝活」。おもに会社員などのあいだで行われているイメージですが、子育て中のママのなかにも朝活をしている人が多いようです。世の中のママはどのような朝活をしているのか、その内容と朝活を持続させるコツについてまとめます。

朝活でどんなことをしている?

早起きをすると、まだ子どもや夫が寝ているため、普段であれば確保しづらい自分ひとりだけの時間を得られます。そんなひとりだけの時間を朝活ママはどのように過ごしているのでしょうか?

せっかくの自分の時間だから有意義に…と思いきや、意外と多いのが朝の時間を家事に使うというものでした。子どもを寝かしつけて深夜に眠い目を擦りながらやるよりも、朝にやる方がはかどるという意見や、子どもや夫に気を遣わないからこそ、落ち着いて朝ご飯やお弁当の準備ができるという人もいるようです。

また、ママならではの時間の使い方として、一日のスケジュールを立ててバタバタしないように対策をしたり、長期的なスケジュールを立てておくといったスケジュール管理や、日記をつけるということを推奨する意見もありました。特に日記は、普段忙しいとあっという間に過ぎてしまう子どもの成長記録や自分の気持ちを、しっかり振り返ることで子どもの成長に気づけたり、自分の気持ちを整理することができるためオススメのようです。
コーヒーを飲むママ
 

朝型生活にするコツ

朝活といっても、早起きするのは大変…。特に朝が苦手な人にとってはつらそうなイメージですが、朝活を継続している人たちからのアドバイスとしては、生活時間を子どもに合わせて早く寝ることがポイントのようです。

子どもを寝かしつけようとすると、なかなか寝てくれないことにイライラしてしまい、結果的に子どもも寝付かずに夜更かしすることになりがち…。でも、一緒に寝てしまえば子どもも安心して眠れ、ママ自身も早く寝ることになるので、自然と早起きになるという生活リズムに。早い時間でもすっきり起きることができるようです。

また、起きる時間にはあまりこだわらないのも重要。5時に起きようと思っていたのに6時に起きてしまった! と悔やむのではなく、疲れていたなら睡眠時間を長くすることに朝活の時間を使ったと割り切り、早く起きることに義務感を感じてしまわないのが朝活を定着させるコツなんだとか。

朝型生活にすれば、朝の忙しさも楽になり、さらに自分の時間も持てたりと、メリットがたくさん。「子どもが生まれてから自分の時間が持てない!」と嘆いているママは、ぜひ朝活にトライしてみてください。
(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP