メディア個別 どこまで深く付き合うべき?ママ友との付き合いで悩むこと【体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
どこまで深く付き合うべき?ママ友との付き合いで悩むこと【体験談】 

どこまで深く付き合うべき?ママ友との付き合いで悩むこと【体験談】
~ベビーカレンダー~

現役ママさんがまわりに聞いた「ママ友との付き合いで悩むこと」を紹介してくれます。ママ友とどこまで深くつき合うべきか?生活リズムの違いにどう対応するか?どうしたら気の合うママ友ができるか?といった悩みについてお伝えします。

児童館でなかよくなったママから頻繁に遊びのお誘いがくる。誘ってくれるのはうれしいけれど、断りたい日もある……そんな経験はありませんか?そして、そんなときはどうやって断りますか?今回は、私自身の経験もまじえて、まわりのママたちに聞いた「ママ友に関する悩み」についてお伝えします。

どこまで深く付き合うべきか?

あくまで私のまわりのママたちにリサーチした結果ではありますが、ママ友に関する悩みでいちばん多かったのは「どこまで深く付き合うべきか?」ということでした。


親しいママ友ができるのはうれしいこと。ただ、頻繁にメールや遊びのお誘いがきた場合、うれしいと感じるママもいれば、困ってしまうというママもいるのではないでしょうか。そんなとき、私は「仕事を始めて今はあまり時間がないの」「時間ができたときは私からお誘いするね」など、具体的に伝えるようにしています。

生活リズムの違いにどう対応する?

どこまで深く付き合うべきかという悩みのほかに、ママたちが言っていたのは「生活リズムの違いから生まれる悩み」です。


ご家庭によっては、夕飯やお風呂、就寝時間などの生活リズムが異なります。たとえば、ママ友が自宅へ遊びにきたときに、自分が思っていたよりも遊ぶ時間が長くなり、そろそろお開きにしたいけれど言いづらい……。そんな経験はありませんか? 相手に悪気はないとは思いますが、言葉にして言わないと気付かないこともあると思います。そんなときは事前に「何時まで」と決めておくとスムーズでした。

どうしたら気の合うママ友ができる?

私の場合は、数は少ないほうではありますが、幼稚園の送り迎えで何度かお話をするうちに、気の合うママ友に出会うことができました。無理にママ友をつくろうとすればするほど、気の合うママ友にはなかなか出会えないのかもしれません。


また、自分とは気が合わないと感じるママに出会ったときは、必要最低限のコミュニケーションのみに留めています。無理に付き合っても自分のためにならないと感じるからです。気の合うママ友は、お話をしているうちに自然とできたり、子どもが引き合わせてくれたりすることもありますよ。


「ママ友」は、子どもという存在があってのお友だちであり、そうでないお友だちとは異なるのではないかと私は思っています。だからこそ、付き合いに悩むこともあります。無理をせずに付き合えるママ友を選び、「親しき中にも礼儀あり」という気持ちも忘れたくないですね。(TEXT:田中由惟)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP