メディア個別 完全母乳を目指した私の母乳育児でよかったこと・困ったこと【体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
完全母乳を目指した私の母乳育児でよかったこと・困ったこと【体験談】 

完全母乳を目指した私の母乳育児でよかったこと・困ったこと【体験談】
~ベビーカレンダー~

完全母乳を目指したママさんが母乳育児でよかったこと・困ったことを教えてくれました。母乳育児は哺乳瓶の消毒やミルクの準備などの必要もなく楽だったそう。ただ、風邪で母乳をあげられないときに困ったようで、ミルクにも慣れさせておくべきだったと感じたそうです。

私は母乳育児を推奨している産院で出産しました。今日は、私が母乳育児をしてみて、よかったことと困ったことをお伝えしたいと思います。

母乳育児推奨の産院での出産

私が出産した産院は母乳育児を推奨していました。健診のときには、母乳外来というものがあり、問診や乳房のチェックなどがありました。母乳育児についての勉強会もあり、出産前から完全母乳で育てる気持ちになっていました。


先に出産した友人から、母乳があまり出ないうちは、泣いてグズる赤ちゃんとの母子同室がつらいという話を聞き、少し不安な気持ちもありました。

母乳育児でよかったこと

産後の入院中は溢れるくらいに母乳が出て困ることがなかった私は、退院後も母乳がよく出て、ミルクを足さなくてもいいくらい。ミルクを作るには、哺乳瓶などの消毒やミルクを作る手間も必要ですが、母乳だと飲ませるだけなので、ミルク育児に比べてとても楽でした。


産院では、母乳で育った子どもは風邪を引きにくいという話も聞いていましたが、母乳の影響なのか、わが子も風邪はほとんど引きませんでした。

母乳育児で困ったこと

母乳育児で困ったこと。それは、私が薬を飲んでいて母乳をあげられないときに、ミルクをあげたことがあまりなかったために、わが子がミルクを飲んでくれなかったことです。私が熱を出して、薬を飲むために母乳をあげられない時期に、そのときだけミルクを飲ませようとしましたが、母乳に慣れてしまっていた息子はまったく飲みませんでした。


カップで飲ませてみたり、スプーンで飲ませてみたりしましたが、どうやっても飲まず、泣いて開けている口に流し込むことしかできずにとても困りました。少しだけでもミルクを飲ませて慣れさせておくべきだったと思っています。


完全母乳を目指すママが多いとは思いますが、こだわりすぎるとストレスにもなります。赤ちゃんとママに合わせて無理のない範囲でミルクを足すなど、柔軟に考えられたらいいですね。

著者:藤川智子

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP