メディア個別 持ち歩くものなので注意!防犯ブザーの乾電池が破裂 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

持ち歩くものなので注意!防犯ブザーの乾電池が破裂
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

全国の小学校で新入生などに配布された防犯ブザーの一部で、乾電池が破裂するという事故が発生し、国民生活センターが注意を呼びかけています。毎日肌身離さず持ち歩くものなだけに、破裂したときの危険は気になるところ。国民生活センターの注意の詳細についてまとめます。

手に持っているときに破裂すると危険!

今回問題となっている防犯ブザーは、西文館の「安全防犯ブザー(SE-1805K)」という商品名。中の電池に「Vinnic」というロゴと、電池の−極側に「12-2020」というロット番号が記載されているものが対象。

現在2件の破裂したという事例が報告されているそうで、愛知県の小学生宅で壁に掛けた防犯ブザーが突然破裂したというケースと、東京都の小学校の教室で、ランドセル内にあったブザーが破裂したケースがあったそうです。

電池が消耗すると破裂する可能性があるそうで、破裂した電池は中身が飛び出ていたそう。手に持っているときに破裂すると危険なため、早期の販売元への問い合わせを推奨しています。
ランドセルを背負った小学生
 
※画像はイメージです

2万5000個が同じ電池を使用

この防犯ブザーは既に11万個が出荷されており、そのうち2万5000個が破裂する恐れのある電池を使用しているそうです。外観は黄色で真ん中にボタンがあり、ストラップがついているだけのシンプルなもの。大きさは75×53×35mmとなっています。

中には単4の乾電池2本が入っており、もし似たような防犯ブザーが学校から配布されていたら、学校に確認をするか、販売元の株式会社西文舘東京支店(03-6802-4690、営業時間10時~17時、土曜日曜祝日は休み)へ問い合わせるようにしてください。

子どもの身を守るため、肌身離さず持っていて欲しい防犯ブザー。でも電池が破裂する危険があるとなると、常時携帯することがかえって危ないということに…。学校で防犯ブザーが配られた家庭は、すぐに対象のものか確認をして、該当していたら使用を中止して問い合わせをしてください。
(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP