メディア個別 知らずにやってたかも!? 片乳授乳が危険な理由とは【助産師が解説】 | ベビーカレンダー | ママテナ
知らずにやってたかも!? 片乳授乳が危険な理由とは【助産師が解説】

知らずにやってたかも!? 片乳授乳が危険な理由とは【助産師が解説】

助産院ばぶばぶのHISAKOさんが片乳授乳のリスクについてお話しします。低月齢のうちは赤ちゃんが力尽きて片側のおっぱいしか飲めないことや、ママも慣れない抱っこで授乳しやすいおっぱいしかあげないこともあります。でも、実は片乳授乳には乳腺炎になるリスクがあるそうです。

こんにちは、助産院ばぶばぶのHISAKOです。1回の授乳で、赤ちゃんが片方しか飲まなかったということはありませんか? たまにならいいのですが、これが毎回続くとよくないこともあります。なぜ危険なのか、片乳授乳のリスクについてお話しします。

母乳が出るしくみとは

作られた母乳は少しずつ乳管腔に溜まって行き、授乳間隔が空くと満タンになります。乳腺腔の真ん中には、脂肪分以外の母乳成分が溜まり、脂肪分は乳腺胞の壁に付着しています。

赤ちゃんがおっぱいを吸うと、その刺激で母乳分泌ホルモン(オキシトシン)にスイッチが入ります。するとホルモンの分泌を受けて、乳管胞を取り囲む筋肉が収縮し、中に溜まった母乳を排出する『射乳反射』が起きます。

授乳の最初と最後で栄養価が違う

射乳によって乳管胞の容積が小さくなるにつれ、徐々に壁からはがれ落ちた脂肪分が乳管へと押し出されて行きます。乳頭に向かって、より脂肪含有量の高い母乳が流れ出て行きます。


飲ませはじめの母乳(前乳)より、飲ませ終わりの母乳(後乳)のほうが栄養価が高いので、ぜひ赤ちゃんに飲ませましょうという片乳授乳推進の意見につながっているのはそのためだと思います。

関連記事:

ピックアップ

「おーいおーい」トイレから夫の力のない声…駆けつけるとまさかの事態!
「乗り込むか…」ショック!夫が女を連れ込む瞬間を目撃して…? #夫の不倫相手は友達でした 11
「えっ、持ってきたの!?」健気な姿がかわいい!今しかできない娘とのコミュニケーション
入院生活もいよいよ終盤!点滴を付けたままの移動に神経をすり減らすママ