メディア個別 【腸に穴も!】マグネットボールの誤飲に注意 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【腸に穴も!】マグネットボールの誤飲に注意
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

小さくて強力な磁石を使って遊ぶマグネットボール。その引き合う力の強さで、まるで粘土のようにいろいろな形を作れることから人気となっていますが、小さな子どもにとってはかなり危険なおもちゃのようです。

国民生活センターもマグネットボールの誤飲に関する注意喚起をしており、誤飲をしたために手術をしたという事例もあるので、マグネットボールの危険性についてまとめます。

マグネットボールの磁力はフェライト磁石の10倍以上!

マグネットボールに使われている磁石は、強力なネオジム磁石という磁石を使っており、その磁力の強さは一般的なフェライト磁石の10倍以上! 大人の指を間にはさんでも磁石同士がくっつくほどの強さなんだそうです。

また、マグネットボールの危険なところは、小さいマグネットボールが何個もセットになっていること。ひとつでもかなりの磁力の強さなのに、何個も集まると磁力はさらに強くなるといいます。
マグネットボール
 

胃や腸に穴が空く事例も

磁力が強いと恐ろしいのは誤飲したときに、出てこないということ。マグネットボールの固まりを幼児が口に含んでいたりすると、うっかり何個かバラバラになり口の中へ…。バラバラに飲み込まれたマグネットボールは、胃や腸でほかのマグネットボールと引き合い、内臓と内臓をくっつけて止まってしまうことも。

そうなると自然には排出されず、ずっと体内に…。しかもマグネットボールにはさまれた内臓は圧力を加えられ、その部分が壊死して穴が空いてしまったという事例もあるそうです。

国民生活センターの注意喚起では、マグネットボールの誤飲は大変危険なため、子どもには与えないようにするとともに、万が一飲み込んだ可能性がある場合は、すぐに医師の診断を受けることが推奨されています。

マグネットボールを買う際には、危険性に注意し、子どもには遊ばせないようにするとともに、子どもの手の届かない場所に保管するよう気をつけましょう。
(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP