メディア個別 ママが思うほど「おっぱいを飲めない赤ちゃん」は惨めなのでしょうか? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママが思うほど「おっぱいを飲めない赤ちゃん」は惨めなのでしょうか? 

ママが思うほど「おっぱいを飲めない赤ちゃん」は惨めなのでしょうか?
~ベビーカレンダー~

おっぱいがなかなか出ない、赤ちゃんがじょうずに飲めないなど、「おっぱいを飲めない赤ちゃん」に申し訳なさや不安を感じているママもいらっしゃるでしょう。そんなママに向けて、助産師のYAMADAさんからアドバイスです。

赤ちゃんが生まれたときの授乳室でのこと、隣の赤ちゃんは幸せそうにゴクゴクと喉を鳴らしておっぱいを飲んでいます。いつかは自分とわが子もそうなれると思ってがんばっていたのに。乳首の形が違うのか、きっとおっぱいの出方が違うのかもしれない……と、周りのママたちと自分を比べてしまうことがあるかもしれません。

ミルクがあるのに母乳を飲ませたい

退院後、体重計をレンタルし、飲む前と飲んだあとの体重を測ってみた。「30gしか増えていない!これでは赤ちゃんがかわいそう。おなかを空かせてひもじい思いをしているね。ゴメンね、ママが悪いよね」そんなふうに思ってしまう方もいるかもしれません。


周囲からは「なんで出ないおっぱいをいつまでもくわえさせているの?」「さっさとミルクに切り替えれば夜も楽になり、赤ちゃんだって成長して、満足そうに眠るはず。今はミルクの質もいいし、液体ミルクだってできて調乳の手間だって省けるようになるのに」と言われてしまいます。

「母乳を飲ませたい」という思いは自然なこと

でも、「母乳を飲ませたい」というママの気持ちはそんな単純に割り切れるものなのでしょうか。


大変なお産を乗り越え、脳からはオキシトシンという母性愛を育むホルモンが分泌されます。赤ちゃんを産んだ途端に母乳をあきらめるママは少ないと思います。おっぱいを飲ませたいという気持ちは自然な衝動なのです。

誰もが溢れるおっぱいをもっているわけではありません

赤ちゃんもみんな飲み上手、くわえ上手とは限りません。乳首だって「短い」「硬い」「大きすぎる」「小さい」なんてざらなことです。くわえては離し、また吸わせ、ママと赤ちゃんでなんとか折り合いをつけていくのです。


赤ちゃんがおっぱいに吸いついたとしても、ゴクゴク飲むとは限りません。分泌が不十分であれば強い力で吸いつく赤ちゃんもいるかもしれませんし、すぐに諦めてしまう赤ちゃんであれば、ママがやさしく「もう少し飲んでね」と励ますこともあるでしょう。一方、溢れるおっぱいでは強く飲むとむせ返ったりする赤ちゃんもいますし、難なく飲み終えてママの励ましがいらない赤ちゃんもいるでしょう。


どのようなおっぱいでも吸えばそれだけ顎の力がついてきます。顎が動けばこめかみも動き、脳の血流も増えるかもしれません。足りない分だけミルクで補充し、諦めずに続けましょう。母乳に含まれる免疫を与えることが重要です。離乳食を与えるころには補充分のミルクが減ってくるかもしれません。おっぱいの出方が少なければ、少ないなりに与えていけばいいのです。

著者:助産師 YAMADA

助産師資格取得後、国立病院、日赤病院、大学病院などで助産師として勤務。現在は母乳相談室を開設するかたわら、ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。助産師一筋、2児の母。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP