メディア個別 どうしたらいい?赤ちゃんのじょうずなほめ方としかり方 | ベビーカレンダー | ママテナ
どうしたらいい?赤ちゃんのじょうずなほめ方としかり方

どうしたらいい?赤ちゃんのじょうずなほめ方としかり方

日本コミュニケーション育児協会の珠里さんが赤ちゃんへのほめ方としかり方についてお伝えします。ほめるときには明るくにこやかに、一方いたずらや危ないことをしたときには神妙な表情で声のトーンも低めにして伝えるといいでしょう。

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。「言葉のわからない赤ちゃんって、どうやってほめたりしかったらいいの?」と戸惑っているママもたくさんいると思います。今回は赤ちゃんへのほめ方としかり方についてお伝えいたしますね。

赤ちゃんは感じ取る力を持っている

言葉があまりわからないからといって、赤ちゃんはなにもわからないわけではないのです。たとえば、ママの表情や仕草、そして声のトーンなどから「あ~、ママうれしそう♪」「ん?なんだかいつもと違うぞ」といった感じで、ママの気持ちを感じ取っています。


ですので、わからないからと思い込んでしまわずに、どんどん言葉で伝えるようにしてくださいね。

いったいどんなふうにほめたらいいの?

ミルクをいっぱい飲んだり、離乳食をいっぱい食べたりしたら「いっぱい飲んだね。モリモリ食べたね」と声をかけましょう。おしっこやうんちをしたら「おしっこいっぱい出たね」「いいうんちが出たね」などと声をかけてあげましょう。


ポイントとしては「食べた、飲んだ、出た」というような行動を認め、そこに「すごいね、うれしいな、やったね」などのママの気持ちも一緒に伝えてあげるといいでしょう。ママがよろこんでいると赤ちゃんもハッピーな気持ちになり、ほめられたと感じ、その行動を好んでおこなうようになります。

関連記事:

ピックアップ

「ママがずっと携帯見てるから…」涙目で訴える女の子。その真相は…!?
「やめなよ!変態じゃん!」夫に指摘されて豹変!でも超わかりみが深いw
保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活
「息子を洗脳してるの?」嫁の鞄を盗んだ義母の主張とは? #物が無くなる家 16