メディア個別 子どもに「好き」が伝わる!親子の絆を深められるスキンシップ | ベビーカレンダー | ママテナ
子どもに「好き」が伝わる!親子の絆を深められるスキンシップ

子どもに「好き」が伝わる!親子の絆を深められるスキンシップ

この記事では、発達心理学専門家から聞いた、親子の絆を深めるテクニックをお伝えします。生活の中で繰り返しスキンシップを行うこと、子どもと向き合って遊ぶ時間を持つことが大切とのことです。

育児本や子育て講演などでよく耳にするのが「親子の絆を深めましょう」という話。そもそも「親子の絆」ってどう築いていけばいいのでしょうか。今回は、発達心理学専門家から聞いた、親子の絆を深めるテクニックをお伝えします。

親子の絆ってどう深めたらいいの?

親子の絆という言葉をよく耳にするものの、絆ってどう深めたらいいのか分かりませんでした。たまたま、発達心理学専門家から親子の絆についてのお話を聞く機会があり、疑問が解消されました。


親子の絆を深めるためには、親の「好き」という気持ちを子どもに表現すればいいとか。スキンシップをするタイミングは、日々の育児のなかでたくさんあるそうです。

生活の中で繰り返しスキンシップを行う

たとえば、おむつ交換。子どものおなかや足をやさしくなでながら笑顔で声をかけてあげます。排泄の多い時期であれば、1日に5~6回はスキンシップがとれますね。やわらかくてみずみずしい子どもの肌を触っていると、親自身もやさしい気持ちになれますね。


また、遊び終わりにほっぺにチュッとキスをする、抱きしめるのも親子の絆を深める方法だといいます。生活の中でスキンシップがとれるタイミングってたくさんあるんですね。

関連記事:

ピックアップ

「やめなよ!変態じゃん!」夫に指摘されて豹変!でも超わかりみが深いw
保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活
「息子を洗脳してるの?」嫁の鞄を盗んだ義母の主張とは? #物が無くなる家 16
もう恐怖しかない…。世にもおそろしいサイコな絵本とは?【ママならぬ日々141話】