メディア個別 持っていると便利かも?話題の「アレルギー表示テープ」って何? | ベビーカレンダー | ママテナ
持っていると便利かも?話題の「アレルギー表示テープ」って何?

持っていると便利かも?話題の「アレルギー表示テープ」って何?

お子さんが食物アレルギーを持っている場合、親御さんはじゅうぶん注意していても、周りの人がそれを知らずに与えてしまう可能性があります。この記事では、「うちの子にはアレルギーがある」ということを周囲に知らせることのできるグッズをママライターの東裕子さんが紹介してくれています。

離乳食を始めるとき、「食物アレルギーは大丈夫かな?」「卵や乳製品を食べさせてもいいのかな?」など、アレルギーに対して警戒した人も多いと思います。アレルギーと知らずに人からもらった食べ物を食べてしまって、まだアレルギーの認知ができずに自分で食べてしまってなど、親が気をつけていても、アレルゲンとなる食べ物をうっかり口にしてしまう可能性もあります。

誤食に対する対策

家族でお出かけをするときは、両親が気をつけて見ていてあげればいいかもしれません。しかし、どんなに気をつけていても、集団生活などの親の目が離れているときに、子どもたちにお菓子などの食べ物が配布されることもあるかと思います。


「私はアレルギーがあるから、ほかのものにしてほしい」と発言することができない子もいれば、まだ年齢が低くて食べてはいけないものだと自分ではわからないということもあるかもしれません。また、大きな災害が起こったときに、アレルギーを理解してもらうのに苦労したという話などもあります。

誤食を減らす「アレルギー表示テープ」

そういった背景のもと、「少しでもアレルゲンの誤食を減らす方法はないか」「アレルギーのある子どもやその両親の安心材料が増えるように」との思いから、アスモスマイル代表 吉野夕子さん開発したのが「アレルギー表示テープ(Lサイズ 580円/Sサイズ 460円)」です。


テープのほかにも、アレルギー表示バッジ(370円)、エピペン表示キーホルダー(560円)などがあり、なかには英語対応している商品もあるようです。これらの商品は、アスモスマイルの公式サイトで購入することができます。

関連記事:

ピックアップ

「ママがずっと携帯見てるから…」涙目で訴える女の子。その真相は…!?
「やめなよ!変態じゃん!」夫に指摘されて豹変!でも超わかりみが深いw
保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活
「息子を洗脳してるの?」嫁の鞄を盗んだ義母の主張とは? #物が無くなる家 16