メディア個別 離乳食を始めるのがこわいママへ。生後5カ月になったら始めないとダメ? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
離乳食を始めるのがこわいママへ。生後5カ月になったら始めないとダメ? 

離乳食を始めるのがこわいママへ。生後5カ月になったら始めないとダメ?
~ベビーカレンダー~

この記事では、離乳食インストラクターの中田馨さんが離乳食を始めるときのママの不安についてお話します。食物アレルギーへの不安はまず医師に相談。ママの判断で離乳食のスタートを遅らせることはおすすめしません。毎日続けられるかなど、まじめになりすぎずに考えましょう。

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食を始める目安は、月齢でいうと「生後5・6カ月ごろ」といわれています。これまで母乳やミルクで育っていた赤ちゃんが初めて食べ物と出会う離乳食。


大切なことはわかるけれど、まだこんなに小さい赤ちゃんに食べ物を与えることがこわいと感じるママもいます。離乳食を始めるのは生後5カ月からじゃないとダメ?もう少しあとでもいい?そんなママの疑問に答えます。

食物アレルギーがこわい

これは、多くのママが感じていることではないでしょうか? 私も自分の子を育てるときに感じましたので、その気持ちはよくわかります。心配なときは、健診や予防接種のときなどでもいいので、医師に相談してみましょう。


医師などの判断ではなく、ママの自己判断で離乳食を遅らせることはおすすめできません。

毎日作り続けられるか心配

離乳食を一度スタートすると、その日から毎日離乳食づくりが始まります。「私にそんなことができるかな」と心配し、離乳食が億劫になってなかなかスタートできないママもいます。


ここでポイントなのが「毎日手作りじゃないといけない?」ということです。毎日手づくりで、出来立ての離乳食を私はおすすめしていますが、それを毎日毎日休みなく続けることはママの負担になりかねません。「今日は疲れたな」と思ったら市販のベビーフードにしてもいいですし、冷凍保存していた離乳食でもOKです。ママができる範囲で離乳食づくりをしてくださいね。

進め方が分からないので不安

離乳食の進め方がまったく分からないから不安、というママもいます。最初はおかゆからだと分かっているけれど、その次は何を食べさせればいいの?と、進め方に不安を抱くこともあります。まずはおかゆ、そして1週間ほどしたらつぶした野菜にチャレンジしていきましょう。(具体的な食材は、ベビーカレンダーの「食べていいものダメなもの」ページをご参考ください)


初めての子育て、初めての離乳食だとなおさらママも不安になると思います。育児はママにとって初体験の連続です。あくまで目安ですが生後5・6カ月ごろから離乳食をスタートして、少しずつでいいので赤ちゃんと一緒に進んでいけるといいですね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事・保育士 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP