メディア個別 【離乳食のキホン】赤ちゃんはいつから海藻が食べられるの? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【離乳食のキホン】赤ちゃんはいつから海藻が食べられるの? 

【離乳食のキホン】赤ちゃんはいつから海藻が食べられるの?
~ベビーカレンダー~

赤ちゃんがいつから海藻を食べられるかについて離乳食インストラクターの中田馨さんがお伝えします。海藻を離乳食に使うときには、月齢の目安の大きさより小さく切る、少量だけ使う、トロトロに煮込むなどの工夫をしましょう。

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。海の野菜といわれる海藻。離乳食にも取り入れてみたい海藻ですが、赤ちゃんはいつから食べられるでしょうか?

海藻にはどんな栄養があるの?

日本は海に囲まれた島国です。海藻の種類は豊富といわれています。海藻には食物繊維やカルシウム、リン、亜鉛などのミネラルも含まれています。低カロリーで栄養豊富なので、ママにはダイエット食品として使えますね。

赤ちゃんが食べられる海藻とその時期

この海藻、赤ちゃんはいつ食べられるでしょうか。海藻は離乳食中期・後期ごろからがおすすめです。離乳食中期には、青のり、わかめ。離乳食後期には、ひじき、寒天、めかぶ、焼きのりなどが食べられるようになります。

海藻を離乳食に使うときに気を付けること

海藻は赤ちゃんにとって、かみちぎりにくく飲み込みにくい食材です。そのため食べるときに気を付けてほしいことがあります。そのポイントは3つ。


・月齢の目安の大きさより小さく切る

・少量だけ使う

・トロトロに煮込む


ますは彩りに使う程度から始めてみましょう。


さらに、手軽に食べられる海藻の一つである「のり」は、かみちぎりにくく、のどに引っ付くことがあります。離乳食期に使う場合は、おかゆなどと一緒に煮込むといいですね。また、味付け海苔や韓国のり、海苔の佃煮などの加工・味付けされた海藻は、赤ちゃんには味が濃いので、できるだけ使わないほうがベターです。


食卓に、ひじきの黒色が少し入るだけで、彩りが豊かになります。離乳食に海藻も取り入れてみてくださいね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

※参照元:ベビーカレンダー「きのこ・海藻類で赤ちゃんが食べられるもの」〈https://baby-calendar.jp/baby-food-guide/16 〉

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP