メディア個別 妊娠中に便秘になりやすい理由と解消法が知りたい!【助産師が解説】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
妊娠中に便秘になりやすい理由と解消法が知りたい!【助産師が解説】 

妊娠中に便秘になりやすい理由と解消法が知りたい!【助産師が解説】
~ベビーカレンダー~

妊娠してから便秘になってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、助産師のREIKOさんが妊娠中の便秘について解説しています。

こんにちは!助産師のREIKOです。便秘に悩む女性は多く、最近は「腸活」と呼ばれる健康法もちょっとした話題になっていますよね。ふだん、便秘と無縁でも、妊娠中に便秘になってしまったという方も少なくありません。そこで今回は、妊娠中の便秘についてお話ししたいと思います。

妊娠中はどうして便秘になりやすくなるの?

そもそも女性は、男性に比べて筋力が弱かったり、便意をがまんしてしまったり、そして女性ホルモンの影響を受けたりして、便秘になりやすい状況にあります。


妊娠中、妊娠初期はとくに女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が高まっていて、その影響で腸の動きが鈍くなってしまいます。加えてつわりで水分や食物を摂れないことも便秘につながります。


妊娠中期から後期になると、大きくなった子宮が腸を圧迫して腸の動きを抑制したり、妊娠前よりも運動量が減ることで、筋力も低下することから便秘になりやすくなります。また、妊娠により、痔にもなりやすいので、痛みがあったりするといきみにくくなり、さらに便秘が悪化する……ということも。

便秘の予防&改善はまず生活習慣から

やはり便秘の予防や改善には、生活習慣の見直しが第一です。

食生活を見直しましょう

つわりの時期は難しいかもしれませんが、規則正しい食生活は基本中のキホン。食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。食物繊維には、海藻類やこんにゃくなどの水溶性食物繊維と、大豆・根菜類・きのこ類などの不溶性食物繊維があります。両者をバランスよくとることが大切ですね。乳酸菌やビフィズス菌が含まれている食物や飲み物を摂ることも効果的。水分摂取もこまめにおこないましょう。

適度な運動を取り入れましょう

切迫早産などの症状があり、安静を指示されている場合は別として、お散歩や妊婦体操などで適度に体を動かすことも大切です。気分転換にもなりますよ。

排便習慣を整えましょう

朝、起きたらコップ1杯のお水を飲む、便意がなくても朝食後は必ずトイレに行く、じゅうぶんな時間を確保する、便意をがまんしないなど、排便習慣を整えることも大切です。

それでもムリ!そんなときは……

生活改善を心がけても、なかなか便秘が改善しないときは、お薬に頼るのもひとつの方法です。妊娠前は市販の便秘薬を飲んでいた方も、妊娠中はかかりつけ医に相談し、お薬を処方してもらった方が安心です。


産科でよく処方されているお薬を紹介します。

酸化マグネシウム

便をやわらかくし、便の量が増えることによって間接的に腸を刺激し、排便を促がします。妊娠中の第一選択薬ともいわれています。粉状のもの、錠剤のものとあります。

ピコスルファート ナトリウム水和物(ラキソベロン®)

腸を刺激して、腸の運動を活発にし、排便を促がします。錠剤もありますが、液体のお薬が処方されることが多いです。


これらのお薬は、習慣性が少なく、量を調節することができるので、私が働いていた病院では、この2つのお薬が便秘のお薬として使われていました。薬剤師さんは、「多めのお水で飲むことがポイント」とお話しされていましたよ。

そのほかのお薬

酸化マグネシウムやピコスルファート以外にも、センナ(アローゼン®)やセンノシド(プルゼニド®)などのお薬を処方される先生もいらっしゃいます。


これらのお薬は天然成分からできていて、からだにやさしいイメージがあるのですが、便秘薬としては即効性があり、飲み過ぎると子宮収縮を起こす可能性があるため、医師の判断で慎重に使用したほうがいいお薬といわれています。


また、私が働いていた病院では、予定帝王切開の場合、手術前日の夜と当日の朝に、新レシカルボン坐薬®を医師の指示で使用していました。新レシカルボン坐薬®は、腸の中で溶け、炭酸ガスを発生して腸の動きを促がす働きがあります。


妊娠中のお薬は、おなかの中の赤ちゃんに影響が出るのでは……と心配して、内服をためらう方もいらっしゃると思います。生活を改善することで便秘が解消できればいいのですが、どうしてもダメという方はかかりつけ医の指示のもと、正しくお薬を使用することで、ママの不安も軽減することができるのではないかと思います。

著者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP