メディア個別 男の子がほしい!産院で〇〇をしてもらった結果…【産み分け体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
男の子がほしい!産院で〇〇をしてもらった結果…【産み分け体験談】

男の子がほしい!産院で〇〇をしてもらった結果…【産み分け体験談】

ママさんが産み分けに挑戦した体験談を紹介しています。産み分けを希望しつつ、授からずに妊活をはじめて2年。産み分けはもちろん妊娠の確率を上げるために産院で「排卵する日」を診てもらい、医師のタイミング指導の甲斐もあって妊娠。気になる性別は男の子だったそうです。

赤ちゃんを授かることができれば性別はどちらでもいい。そう周囲にこぼしていた私ですが、心の中では「男の子がほしい」と思っていました。ところが妊娠すらできない状況に。今回は、産院でおこなった産み分けについてお伝えします。

初めての赤ちゃんは「男の子」がほしい!

性別問わず赤ちゃんはみんなかわいいのですが、とくに男の子がかわいい!と思っていた私。初めての赤ちゃんは、やっぱり男の子がいいなと密かに思っていました。


とは言っても、赤ちゃんは授かりものです。産み分けという言葉を耳にするけれど、必ずしもうまくいくとは限らないと思っていました。私は半信半疑になりながらも、産み分けに関して調べ、男の子を妊娠するためには「排卵日当日、前後のタイミングを狙うといい」といわれていることを知りました。

妊活をはじめて2年、排卵日がわからない!

男の子の染色体を持つ精子は、女の子の染色体を持つ精子に比べて寿命が短く、遊泳速度が速いという特徴があるそうです。その特性を利用し、排卵日当日、前後にタイミングを計ると、男の子を妊娠する可能性が高まるのだとか。理論上は産み分けが可能だといわれているようです。


ただ、そもそも私は自分の排卵日すら把握していませんでした。そのころ妊活をはじめてから2年が経過し、産み分けをするどころか、なかなか妊娠すらできない状況になっていました。

関連記事:

ピックアップ

「ママがずっと携帯見てるから…」涙目で訴える女の子。その真相は…!?
「やめなよ!変態じゃん!」夫に指摘されて豹変!でも超わかりみが深いw
保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活
「息子を洗脳してるの?」嫁の鞄を盗んだ義母の主張とは? #物が無くなる家 16