メディア個別 子どもをぐずらせないために私が実践していること【ママの体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
子どもをぐずらせないために私が実践していること【ママの体験談】 

子どもをぐずらせないために私が実践していること【ママの体験談】
~ベビーカレンダー~

この記事では、子どものぐずりを悪化させないためにママさんが実践している体験談をご紹介しています。具体的には、「甘えてきた時点で振り向いてあげる」「穏やかな言葉をかける」ことを実践しているそうです。

過去に“子どものぐずりには「急がば回れ」が効いた!”という記事を書かせていただきました。子どもが甘えてきたとき、早い段階で対応するとぐずりを悪化させずにすんでいます。しかし具体的に、どう関わればよいのか悩むママもいるでしょう。そこで今回は、子どもをぐずらせないために私が実践していることをご紹介します。

甘えてきた時点で振り向いてあげる

たとえば外出の予定があり、〇時までに家事を終えなければいけない状況にあるとします。限られた時間のなか、家事に集中することでしょう。そんな忙しいときに「ママ!これ見て~」「抱っこして~」とわが子が甘えてきます。


時間がなく、わが子の相手をする余裕がもてないこともあります。しかし、実際に相手ができなくても「振り向いてあげる」ことが大切だと感じます。

穏やかな言葉をかける

どんなに忙しくてもわが子に振り向き、「上手に絵を描いたね!でもいま〇〇しているから、ちょっと待ってね」など穏やかな言葉をかけてあげます。


まったく振り向かなかったときや、「今はできない!」などといった突き放した言いかたをしてしまったときに比べ、わが子の感情がエスカレートすることは少なくなりました。


少しでも手を止めて応えてあげるのが理想ですが、難しいときもあるでしょう。そんなときは、子どもが安心する言葉かけを意識しています。

ぐずりの原因は「ママに構ってほしいから」

わが子がぐずる一番の原因は「ママに注目してほしい、こっちを向いてほしい気持ちが伝わらない不満」など、「ママに構ってほしい」という気持ちの表れでした。


子どもが望んでいるのは要求の内容ではなく「ママに大切にされていることを確認したい」のだと感じます。子どもの気持ちがわかると、どのように接すればよいのか見えてきました。


少しでも相手ができる状況であれば要求に応えてあげる、時間がないときは必ず振り向いてやさしく穏やかに声をかけるなど、子どもの要求に応じるかどうかは、時と場合によって考えています。お子さんのぐずりに悩んでいるかたは、ぜひ試してみてください。

著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP