メディア個別 うんちとのたたかい!?切迫早産などで入院中の妊婦さんの便秘ケアって? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
うんちとのたたかい!?切迫早産などで入院中の妊婦さんの便秘ケアって? 

うんちとのたたかい!?切迫早産などで入院中の妊婦さんの便秘ケアって?
~ベビーカレンダー~

妊娠中はさまざまな要因で便秘になりやすくなります。切迫早産などで入院しているママも例外ではありません。この記事では、助産師のREIKOさんが以前働いていた病院を例に、入院中の妊婦さんの便秘について解説しています。

こんにちは!助産師のREIKOです。前回に引き続き、便秘のお話をしたいと思います。入院中は、慣れない環境に加え、大部屋の場合は同室の方への気遣いなどもあり、お家にいるときのようにはなかなかいきませんよね。私が働いていた病院でも、入院中、便秘とたたかっていたママが多くいらっしゃいました。今回は、私が働いていた病院を例に、妊婦さんの入院中の便秘ケアについてお話ししたいと思います。

切迫早産で安静が必要なママは?

お産以外で入院されているママの次に多かったのが、切迫早産で入院しているママでした。切迫早産の治療はまず安静。24時間おなかの張りを抑える点滴をおこなっている方がほとんどです。


やはりあまり動かないことに加え、「いきんで赤ちゃんが生まれてしまうのでは」と心配になる方が多く、入院を機に便秘のお薬を使い始める方もいらっしゃいました。処方されるお薬は、酸化マグネシウムかラキソベロン®。排便の状況にあわせて量を調節しながら内服していました。2つのお薬を併用される方もいらっしゃいました。


また、食事制限のないママはおやつにプルーンや飲むヨーグルトなどを摂っている方もいらっしゃいました。

絶対安静の場合

切迫早産も症状によって、シャワー可、トイレ・洗面飲み可、絶対安静など安静度に違いがありました。絶対安静の場合は、膀胱留置カテーテルを挿入し、トイレに立つことは許されません。


お通じのときは、ベッドサイドにポータブルトイレを置いてそこでという場合と差し込み便器を使用して、ベッドに寝たままという場合とがありました。

やっぱり気になるのは同室者!?

入院中、個室であればあまり気にすることなく、お手洗いも使えますよね。多数室の場合は、気を使ってしまうのでは?と思うかもしれません。


確かに最初はそうかもしれないですが、切迫早産などの入院は長期間におよぶことが多かったので、”同志”と言った感じでしたよ。「ちょっと(トイレに)こもってくる―」と宣言していかれる方や、「今日はまだ出てないよね?」なんて、同志の状況把握!?をされている方もいらっしゃいました。


絶対安静のママの多くは個室を選択される方が多かったですが、「大部屋で」という方もいらっしゃいました。その際は、においや音などが気にならないように窓を開けたり、消臭スプレーを使用するなどしていましたよ。

寝たままでのお通じは難しい

やはり差し込み便器を使用して、寝たままでお通じをするのは難しいようです。なかなか思うようにいかず、何日もお通じが出ない……ということも。


絶対安静というケースは、いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない状況ともいえるので、どうするかの判断が難しいのですが、状況に合わせてポータブルトイレを今日だけ使用可の指示を医師からもらうこともありました。


「ポータブルトイレ不可!でもお通じが出なくて苦しい、おなかが張る」というときは、滅多にはありませんでしたが、これも医師の指示で、なるべく刺激をしないように注意しながら摘便(肛門から指を入れ、便を摘出する医療行為)をしていました。


便秘と子宮収縮とは関係がないという医師もいましたが、お通じが出なくておなかの張りを訴えるママも少なくありませんでした。切迫早産の症状が改善しないことには運動もままならないので、なかなかスッキリ解決!というのは難しいかもしれませんが、医師や助産師に相談しつつ、少しでも便秘解消できたらよいのではないかと思います。

著者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP