メディア個別 夏本番になる前に! エアコン掃除の基本をおさらい! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

夏本番になる前に! エアコン掃除の基本をおさらい!
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

本格的にエアコンの稼働が始まる時期が近づいてきました。いよいよ暑さに耐えられなくなって、冷房をつけたらエアコンからは悪臭が…。そんなことにならないよう、今のうちにエアコン掃除をしておきましょう! 自分でできるエアコン掃除の基本を改めてまとめます。

まずは手軽なフィルター掃除から

普段はたまに掃除機で吸い取るだけのフィルターも、エアコン稼働前にしっかり洗っておきましょう。説明書に従って前面カバーを開けてフィルターを取り出し、お風呂場に持っていったら裏側からシャワーでぬるま湯をかけます。

表からお湯をかけるとフィルターが詰まってしまい、汚れが落ちにくくなるので注意が必要です。汚れが落ちきらない場合は、食器洗い用洗剤とスポンジを使ってきれいにしてください。

洗ったら軽く水気をきって、ベランダなどで乾かし、再び本体にセットしてフィルター掃除は完了!
エアコン掃除をするママ
 

熱交換器は高圧洗浄機か専用クリーナーで

フィルターを外すと奥に見える細くでこぼこの金属部分が熱交換器。ここはエアコンのコンセントを外し、念のため液だれがしても良いようにエアコンの下にビニールシートを敷きます。

準備が終わったら、まずは掃除機にブラシヘッドをつけて、フィンの部分を軽く掃除。力を入れすぎると、フィンが曲がってしまうのでご注意を。表面の埃が取れたら、高圧洗浄機や市販のエアコンクリーナーを吹きかければ完了。汚れはドレンを伝って外に出て行きます。

カビのニオイはここで解決!ファン掃除

エアコン掃除をしてもカビ臭いと言うときは、ファンを掃除すれば解決! ファン部分は送風口の奥に見える細長い円柱状の部分。ルーパーと呼ばれる、エアコンの電源を入れると開閉する部分と、風の向きを変える羽を歯ブラシなどできれいにし、奥のファンを歯ブラシで回転させながら擦り、一周したら完了です。

かなり大変ですが、洗剤を使ってきれいにしたい場合はごみ袋などを使ってエアコンの背面を覆い、念のため足元にビニールシートを敷いた状態でコンセントを抜き、ファンに洗剤をスプレーしながら一回転させ、綿棒や隙間ブラシで丁寧にファンの隙間を擦っていきましょう。

最後に霧吹きなどで水をかけて洗い流し、エアコンの送風モードで2時間くらい動作させて乾燥させれば完了です。

ただし、エアコン掃除で気をつけたいのが、発火の危険性があること。洗浄液で落ちた汚れが内部基板に付着することで発火した事例が多数あります。掃除をする際に基板部分などが見える場合は、そこをビニール袋などで養生するようにし、もし異臭や発熱、水漏れなどがあったら、すぐに使用を止めてメーカーへ修理を依頼してください。

エアコン掃除はエアコンを使う季節になってしまってからだと、長時間エアコンを止めなければいけないから大変! 毎日使うようになる前の過ごしやすい日に、しっかりお手入れをして、快適なエアコンライフを過ごせるようにしましょう。
(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP