メディア個別 ワーママお助け!サツマイモを大量消費できて子どもに人気の15分レシピ5選 | ワーママごはん 15分でいただきます! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ワーママお助け!サツマイモを大量消費できて子どもに人気の15分レシピ5選

第15回 ワーママごはん 15分でいただきます!
食欲の秋の食材といったら何が思い浮かぶでしょうか。私はやっぱりサツマイモです。ほっくり甘いサツマイモは、焼きいもで食べても美味しいし、スイートポテトのスイーツで食べても美味しいです。もちろん立派なおかずにだってなりますよ! そこで、今回はサツマイモを大量消費できちゃうレシピを5つ紹介します。すべて15分以内で作れますよ。

サツマイモと豚肉のバター醤油炒め

まずご紹介するのは、サツマイモを甘辛い味付けで炒めたレシピです。最後にバターで香りを付けるのですが、コクが出てすっごく美味しくなりますよ! わが家の5歳の娘にも大人気のレシピです!

【材料】(3人分)
豚肉 200g
サツマイモ 2本

酒 大さじ3
醤油 大さじ3
みりん 大さじ3
砂糖 小さじ1
バター 大さじ1

すりごま お好みで

【作り方】
1.サツマイモを食べやすいサイズに切って水に放ち、電子レンジで600W4分程度加熱する。

変色防止のために水に放ちましょう。

耐熱容器にふんわりとラップをして加熱していきます。この後、炒めるので完全に火を通さなくても大丈夫ですよ。

2.フライパンに豚肉とサツマイモを入れて炒める。

油は入れなくても大丈夫です! 豚肉の自然に出てくる脂だけで作れますよ。

3.豚肉の色が変わってきたら調味料を加え、落とし蓋をして5分程度炒め煮する。

アルミホイルなどで蓋をすれば大丈夫です!

4.水気がなくなったら最後にバターを加えてサッと混ぜる。

最後にバターを加えることによってバターの味がよく浸みます。

5.お好みですりごまを加えたら完成。

サツマイモの甘さと調味料の味付けで、サツマイモが甘くほくほくに仕上がります。あまりお芋類が好きではない娘も、この味付けならスイーツ感覚で食べられました。

バター醤油の味付けはサツマイモも豚肉にもよく合います。また、お好みですりごまを加えることで風味がよくなっています。私は大さじ5~6杯程度たっぷりといつも加えています。栄養も摂れるし、コクが出て美味しくなるので是非たっぷりと加えてみてください。

サツマイモのきんぴら

甘辛く炒めるきんぴら風味でご紹介します。とはいっても、サツマイモ自体が甘いのでスイーツのような仕上がりに。手軽に作れる大学芋といったイメージで食べられます。

【材料】(3人分)
サツマイモ 2本
ごま油 大さじ1
醤油 大さじ3
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1/2
バター 大さじ1

黒ごま お好みで

【作り方】
1.サツマイモを細切りにする。

変色防止のために水に放ちましょう。

全部切ったらフライパンへ移してください。

2.フライパンにごま油を入れ、調味料を加えて加熱していく。

アルミホイルを上からかぶせて加熱していくと早く火が入ります。

3.サツマイモに火が通ったら、仕上げにバターを加えてサッと絡める。

4.お好みで黒ごまを加えてよく和えたら完成。

黒ごまの量はお好みでOKですが、私は大さじ3杯程度加えています。

味がよく浸みていてとっても美味しいですよ! ごまの風味でコクを出しつつサツマイモの甘さを引き締めてくれています。

副菜として、おつまみとして、おやつとしてと万能に活躍してくれるはずです。多めに作ってお弁当のおかずに加えるのもおすすめです!

サツマイモのレモン煮

「甘過ぎない味付けでサツマイモが食べたい!」という方はレモン煮がおすすめです。ほどよい酸味が美味しくどんどん食べたくなる味付けです。作り方もとっても簡単なので食べたい時にすぐに作れるところも魅力ですよ。

【材料】(2人分)
サツマイモ 1本
水 200cc
砂糖 大さじ2
レモン果汁 小さじ2

【作り方】
1.薄切りにしたサツマイモをフライパンに入れ、水と調味料を加えて煮る。

工程はこれだけです。たったこれだけで激うまレモン煮が完成します! 煮ていく時はアルミホイルで落し蓋をしましょう。

2.水気がなくなったら完成。

レモンの爽やかな香りがしてきます。

今回は作りやすい分量で作りましたが、無限に食べられる魅力があります(笑) 多めに作っておやつ代わりにあげるのもアリです。自分の間食にもヘルシーでいいかも! お弁当のおかずにもなるし、万能ですよ。

娘も一口食べて、目をキラキラさせてくれました。サッパリ爽やか。だけど甘くて美味しい優秀おかずです。

サツマイモポタージュ

サツマイモの甘さを活かしたこっくり濃厚なポタージュを紹介します。温めても冷製でもどちらでも食べられるスープなので、残ったら冷蔵庫に冷やしておいて翌日冷製スープで楽しむと、飽きずに最後まで食べられると思います。

【材料】(3人分)
サツマイモ 1/2本
玉ねぎ 半個

水 300cc
牛乳 200cc
顆粒コンソメ 小さじ1
塩 ひとつまみ
オリーブ油 大さじ1/2

黒ごま お好みで

【作り方】
1.薄切りにした玉ねぎをオリーブ油で炒める。

2.皮を剥き薄切りにしたサツマイモをラップで包み、電子レンジ600Wで3分半加熱する。

3.鍋に水・サツマイモ・調味料を入れて5分程度加熱する。

4.粗熱を取ったらミキサーに入れ、ペースト状になるまで攪拌する。

滑らかなペースト状になるまでミキサーにかけてください。

5.最後に牛乳を加え、伸ばしたら完成。

トッピングに黒ごまを掛けるとより風味よく仕上がります!

お砂糖は加えていないのにサツマイモ本来の甘さが出ていて、子どもでも飲みやすいポタージュになっています。野菜嫌いの娘でも「甘い!」と言って飲んでくれました。玉ねぎの栄養も一緒に摂れるので嬉しいですよね。

パスタなどとも相性がいいので、洋風の夜ごはんのお供にいかがでしょうか。

アジとサツマイモの甘辛炒め

最後にご紹介するのは魚とサツマイモというちょっぴり異色の組み合わせです。ですが、甘辛の照り焼きのような味付けにすることでよくマッチするんですよ。お魚に味がよく浸み込むように粉をつけて、食べ応えもアップさせてみました。

【材料】(3人分)
アジ(切り身) 4尾分
サツマイモ 1本
しめじ 1株

バター 大さじ1
醤油 大さじ1
みりん 大さじ2
砂糖 小さじ1

オリーブ油 大さじ1
片栗粉 適量
青のり 適量

【作り方】
1.フライパンにオリーブ油を入れ、半身にしたアジを焼いていく。

アジには片栗粉と青のりを混ぜたものを衣として付けています。こちらはお好みでなので、なくても作れます。

2.アジの片面に火が通ってきたら裏返し、しめじを加えてさらに焼く。

3.具材に火が通ってきたらレンジ加熱したサツマイモと調味料を加えて加熱する。

サツマイモは電子レンジで600W3分半加熱して、火を通しておきます。そうしたら後は味を付けるだけなので時短で作れますよ。

4.調味料が蒸発し、全体に絡んだら完成。

サツマイモも甘く、お魚の味付けも甘めにしてあるので子どもでも食べやすくなっています。味に衣を付けたことで香ばしく仕上がり風味がよくなっています。珍しく娘の方から「魚をおかわり」と言ってもらえました。バターもふんわりと香り、コクが出ていて美味しいです。

レンジを活用して時短

サツマイモを大量消費できるレシピを5つお伝えしてきました。サツマイモはメインおかずにしても良し、副菜にしても良しとアレンジの幅がとても広いところも魅力です。サツマイモ単体でも美味しく食べられるので、たくさんサツマイモを購入しても余すことなく使いきれるはずです。

今回のレシピのポイントは味付けにバターをよく用いたことです。サツマイモの甘さはバターともよく合います。コクが増すのでサツマイモ料理を美味しく仕上げるためには欠かせない調味料でしょう。

時短のポイントは、火の通りにくいサツマイモをレンジで加熱してから調理をすることで、大幅に時短を実現しています。レンジで加熱すれば甘さも増すのでおすすめですよ。

サツマイモの保存のコツ

サツマイモはジップロックなどの密閉できる袋に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヶ月も日持ちします。1本ずつ新聞紙で包めば乾燥を防げるので、さらに美味しさが保てるでしょう。

サツマイモは寒さに弱いので、必ず野菜室で保管するようにしてくださいね。

今回ご紹介したレシピを活用して、たっぷりサツマイモを楽しんでくださいね!

配信元

たべぷろ
たべぷろ
「たべぷろ」は食のプロや食の知識を持った子育て中のママライターによる働くママに向けたメニュー提案サイトです。仕事から帰って今日の夕飯にもすぐに活用できる15分で完成するメニューを主体に、作り置きや時短の工夫もご紹介。各レシピには、栄養のことや好き嫌い克服方法・リメイクや節約といった働くママが知っておくと嬉しいノウハウが盛り込まれています。
「たべぷろ」は食のプロや食の知識を持った子育て中のママライターによる働くママに向けたメニュー提案サイトです。仕事から帰って今日の夕飯にもすぐに活用できる15分で完成するメニューを主体に、作り置きや時短の工夫もご紹介。各レシピには、栄養のことや好き嫌い克服方法・リメイクや節約といった働くママが知っておくと嬉しいノウハウが盛り込まれています。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイントがもらえる!
好きなおかず1位は唐揚げ!巣ごもりで国民食に
【業務スーパー】冷凍肉だんごがワーママのお助けに!パスタグラタン15分レシピ
熊本産オーガニックみかんを使ったオープンサンドのレシピ