メディア個別 正しく使って効率アップ! 扇風機でより涼しくなれるテクニック | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

正しく使って効率アップ! 扇風機でより涼しくなれるテクニック
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

暑い日にはエアコンを使うご家庭も多いと思いますが、扇風機の方が電気代もかからないし、エアコンの冷気が苦手という人も多いので、扇風機を効率よく使うためのテクニックを紹介します。

帰宅時は窓を全開にして扇風機を窓際に

外出先から自宅に帰ってくると、部屋のなかがむわっとした暑さに…。「一刻も早く冷やしたい!」そんな時は、窓を全開にして、扇風機を窓際で使いましょう。

この際、扇風機をどちらに向けるのかが重要。室内よりも外の方が温度が低い場合、扇風機を室内側に向けると、扇風機からは外の涼しい風が吹いてくるため、すぐに自分のカラダを冷やしたい場合に有効です。

部屋の換気を優先したい場合は、扇風機を外に向けて動かすと良いといいます。室内の熱い空気がどんどん外に放出されるため、部屋を冷やす目的ならば、こちらの方が有効なんだとか。
扇風機で涼むママ
 

上を向いて動かそう

扇風機は風が直接体に当たるから涼しいというだけではなく、部屋に気流を作ることで涼しくする使い方もあります。

効率的に気流を生み出すには、部屋全体に扇風機の風が行き渡るよう、部屋の角から対角線上に風を送るようにするのが効果的。

また、天井付近は熱い空気が滞留しがちなので、ときどき扇風機を上に向けて動かし、上下の気流も作り出すと、部屋全体の空気が効率よく入れ替わります。

外が部屋のなかよりも暑い場合は、気流が生まれても結局熱い風が吹いてくるだけ…。そんなどうしようもなく暑い日には、保冷剤や氷を扇風機の前にぶら下げるという手もあるんです。

保冷剤などを扇風機のカバーと紐などで結び、下には汗をかいた水が落ちるので、ダンボールなどの上に水受け用のトレーを設置すればOK。あとは直接風の当たる位置に移動して、簡易冷風機の完成です。

ただ扇風機を回すよりも、目的や気流の流れを意識することで、より効果的に涼むことができます。エアコンを使っている人も、エアコンの設定温度を上げて扇風機を併用した方が、体感温度は変わらずに電気代を下げることもできるので、この夏は扇風機の使い方をぜひ見直してみてください。
(文・姉崎マリオ)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP