メディア個別 【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた | 日常消費財の徹底比較 いいモノ買い隊 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
~日常消費財の徹底比較 いいモノ買い隊~

夏が近づいて、気温も高くなってきた今日このごろ。冬場に大活躍だった“鍋”の出番は減り、むしろ冷たいものが食べたくなりますよね。

先日、用事があって無印良品で買い物をしていたところ、よさそうな商品を発見。4種類購入し、実際に食べ比べてみました!

【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 

今回のラインナップはこちら!

今回比較したのは、無印良品の「冷たいインスタント麺」。それぞれの詳細は、以下の通りです。(※価格はすべて税込)

(1)盛岡冷麺/225円
…コシの強い中太麺が特長。麺を茹でて、ほどよい酸味のあるスープと合わせるだけの、岩手県盛岡市の郷土料理です。
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 
(2)北海道産小麦使用 山形風冷やしラーメン/171円
…カツオの旨みと香味野菜の風味が利いたスープで食べる、冷たいラーメンです。麺は、二昼夜かけて乾燥させており、北海道産小麦使用。
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 
(3)北海道産小麦使用 冷やし担々麺/171円
…こちらも「山形風冷やしラーメン」と同様、二昼夜かけて乾燥させた、北海道産小麦使用の麺。ピリ辛のごまだれと絡めるだけで作ることができます。
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 
(4)北海道産小麦使用 冷やし炸醤(ジャージャー麺)/171円
…2、3と同様にこちらも北海道産小麦を使い、二昼夜かけて乾燥させたコシのある麺。コクのある味噌だれを絡めていただきます。
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 

ママテナ編集部“勝手にランキング”!

上記4つの冷たい麺をママテナ編集部が実食し、1位は4点、2位は3点……といったように点数を付け、ランキング化しました。はたして、1位に輝くのは…?

4位:北海道産小麦使用 冷やし担々麺
…「しょっぱい」というのが率直な感想。担々麺といえば「ごまの風味」や「ピリ辛」も味を左右する基準のひとつですが、しょっぱさに紛れてあまり感じられませんでした。また、本商品には麺とごまだれしか入っておらず、ごまだれに絡めるひき肉と横に添えるキュウリを加えたのですが、具がないと味が濃すぎて「キツい」というのがホンネ…。
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 
3位:北海道産小麦使用 冷やし炸醤(ジャージャー麺)
…味噌の味がしっかりしていて、コクや味の深みも感じられるのですが、担々麺同様、具がないと成立しない印象です。こちらもひき肉とキュウリをプラスして試食しましたが、キュウリがあるかないかで印象がガラッと変わるので、結局キュウリを買ったり、切ったりする手間がかかるのがマイナス要素。ただ、担々麺と比較して味のまとまりはよく、3位という結果になりました。
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 
2位:盛岡冷麺
…冷麺の麺特有のゴムっぽさがなく、スープもあっさりしていておおむね高評価。スープの酸味も強くなく、「冷麺が苦手」という人でも食べやすい一品。二日酔いの時や具合が悪い時でもスルっと食べられそう。しかし、言い方を変えれば味に大きなインパクトはなく、「キムチが入ってちょうどいい」という声もありました。また、「冷麺はそこまで頻繁に食べるものではない」という意見もあり、日常使いやリピート率を考慮して、2位となりました。
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 
1位:北海道産小麦使用 山形風冷やしラーメン
…見事1位に輝いたのは、「北海道産小麦使用 山形風冷やしラーメン」でした! スープはあっさりしていますが、ダシの風味もしっかりと感じられて、インスタントラーメンにしては完成度が高め。本商品も具材は特に入っておらず、卵やもやし、チャーシューなどをトッピングしましたが、麺とスープだけで食事として成り立つところも高ポイント。ひとりランチや夜食など、さまざまなシーンで活躍しそうです。

また、正直食べる前は「冷たいラーメン」に抵抗があったのですが、まったく違和感はありませんでした。スープを作る時に、水ではなくお湯にして温かいラーメンにしてもおいしそう!
【検証】無印良品の「“冷たい”インスタント麺」4種を食べ比べてみた
 
このように順位は付きましたが、全体の印象としてはどれもハイクオリティで、接戦でした。みなさんもぜひ食べ比べてみてください。
(文・明日陽樹/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP