メディア個別 初めての出産準備。おむつ用ゴミ箱はいる?いらない? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
初めての出産準備。おむつ用ゴミ箱はいる?いらない? 

初めての出産準備。おむつ用ゴミ箱はいる?いらない?
~ベビーカレンダー~

この記事では、出産準備におむつ用のゴミ箱についてお伝えします。おむつ用ゴミ箱のメリットはにおいをシャットダウンできること。ただ専用のカートリッジを必要な場合はランニングコストがかかってしまうことも。まずは買わないで普通のバケツなどから始めるのもいいですね。

便利なベビーグッズがたくさんある昨今、初めて出産する人は、なにをどこまで準備したらいいのか迷ってしまいますよね。プレママたちの間でよく話題に上るのは「おむつ用のゴミ箱は必要かどうか」。先輩ママたち体験談から、おむつ用ごみ箱のメリットやデメリット、おむつ用は買わずに乗り切ったアイデアなどをお伝えします。

おむつ用ゴミ箱のメリットは?

おむつ用ゴミ箱のいちばんのメリットは、なんといってもにおいをシャットダウンできること。ゴミ箱に入れるたびにひとつずつビニールで包んでくれるなど、密閉性に優れたつくりになっているので、においが外に漏れ出しにくいのです。


さらにおむつを入れてハンドルを回すだけなど捨てる方法もかんたんで、ゴミ箱に消臭剤を入れられるポケットがついていたり、専用のビニール袋に抗菌加工が施されていたりと衛生面でも安心です。

気になるデメリットは?

おむつ用ゴミ箱には、デメリットもあります。ひとつずつ密閉できるタイプは専用のカートリッジを必要とする場合があるため、ランニングコストがかかってしまうのです。先輩ママに話を聞くと、「カートリッジが高い!」「新生児はおむつ替えの回数も多いのでお金がかかった」といった声が。


だけど、みな口をそろえて「においは全然気にならなくて、夏場などには本当に助かった」ということなので、コストの面さえクリアでできればメリットは多いようです。


カートリッジを使わないタイプのおむつ用ゴミ箱もあります。市販のゴミ袋などを使用できるので経済的ですが、やはりカートリッジタイプと比べるとにおいは漏れやすくなります。「おむつ用ゴミ箱はトイレに置いていたので、密閉しなくてもにおいはそれほど気にならなかった」というママもいるので、住環境によってどちらにするか選んでもいいかもしれません。

ゴミ箱を買わなかった人は?

おむつ用ゴミ箱を買わなかったというママは、どうやってにおい対策をしていたのでしょうか?


・ フタ付きのゴミ箱に消臭剤を入れる

・ ゴミ箱を開けるたびに消臭スプレーをする

・ ビニール袋を二重にしたりして、においが広がらないようにする


やはりマメな努力が必要なようです。でも、普通のフタ付きのゴミ箱なら、おむつを卒業してからも、生ゴミ入れなどに利用できるメリットもありますね。


ひとくちにおむつ用のゴミ箱といっても、いろいろなタイプがあるので、買おうかどうか悩んでいるママは、コスト面も含めて検討してみてください。


ちなみに、赤ちゃんのうんちのにおいが気になり始めるのは離乳食が始まってからなので、まずは普通のゴミ箱で様子を見て、それでは対処できなくなったらおむつ用を検討してもいいかもしれませんね。

著者:妹尾香雪

女性誌・書籍・WEBなどで、女性のライフスタイルについて執筆。プライベートでは一児の母として子育ての真っ只中。ワーキングマザーとして自身の育児体験に基づいた記事を提供している。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP